スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稀代の霊能者 三田光一


 
稀代の霊能者 三田光一
丹波哲郎【著】
中央アート出版社
1984(昭和59)年7月発行


三田光一(1885-1943)をご存知でせうか。
月の裏側を念写した人物として知られてゐますが、もちろんそれだけの人ではありませんでした。
そもそも「霊能者」といふと、たとへば本書の前作に当る『丹波哲郎の霊人の証明』で取り上げられた長南年恵のやうに、ストイックな求道者みたいな印象があります。
ところが三田光一は、良く言へば陽性の怪男児、悪く言へば生臭い現実主義者といふ感じで、一線を画するのであります。その一種の「うさん臭さ」のせいで、彼の業績自体を疑はしいものと見る人がゐるのでした。

少年時代から、常人とは違ふ能力を持つてゐた三田光一。放火事件や盗難事件で、「○○が犯人だよ」と言ひ当て、警察が調べると事実その通りだつたといふ。
幼さゆゑに、予言して良い事と悪い事の区別がつかず、「隣のおじちゃんは、あと一週間で死ぬよ」などと予言し、それもその通りとなつてしまつたため、周囲の大人たちは気味悪がつて光一を「狐憑き」だとして、さんざん痛めつけたさうです。田舎では狐を追ひ出すといふ目的で、その身体を徹底的に痛めつける風習があつたのです。時にはそのまま死ぬこともあり、迷信とはいへ酷い話であります。光一の場合、座敷牢に閉ぢ込められ餓死させられやうとしました。こつそり母親がおむすびを差し入れて餓死を免れたといひます。

そんな光一ですから、実家が素封家であつたにもかかはらず、生家にゐられず丁稚奉公に出されたといふことです。みんな薄気味悪いと感じてゐたのでせう。その後は放浪の末、手品師として名を上げ、奇術団に加つたのですが、これらの経験が後の念写実験などで邪魔になります。当然「どうせタネがあるのだらう」と見られますからね。

念写で有名になつたのは、福来友吉博士との出会ひがきつかけであります。福来博士は帝大教授だつたのですが、念写実験の失敗(三田光一以前にも念写実験はなされてゐました)などで、教授の座を追はれた人。いつの時代も分からず屋はゐるものです。
公開念写実験の様子はまことに興味深い。ぜひ本書を読んでみませう。

著者丹波哲郎さんは、光一の生家がある気仙沼を中心に取材しますが、地元の人でさへ三田光一を知らないので、文献などに当るしかありません。幸い三田光一の念写写真はたくさん保存されてゐて、本書にもふんだんに掲載されてゐます。
丹波氏もいふやうに、知れば知るほど人物像がぼやけてくる訳の分からない人物でありますが、人を惹きつける魅力をもつた人ですね。某野球選手ではないけれど「何か持つてゐる」てな感じですかな。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

大予言者の秘密 易聖・高島嘉右衛門の生涯


大予言者の秘密 

大予言者の秘密 易聖・高島嘉右衛門の生涯
高木彬光【著】
角川書店(角川文庫)刊
1982(昭和57)年3月発行


本書を読む前の段階での、私の高島嘉右衛門に関する知識は、
・何だかすごい占い師である。
・横浜の高島町はこの人の名前から付けられた。
といつたところで、あまり詳しく知るところではありませんでした。

最初に高島嘉右衛門の名を見たのは、1970年代。あの五島勉著『ノストラダムスの大予言』がブウムになつてゐて、それに対する批判本『ノストラダムス大予言の秘密』の中であります。
この本の著者も実は高木彬光氏。五島氏は、どこからはじき出したのかノストラダムスの予言的中率を99%とし、「神か悪魔か」と祭り上げてゐるが、牽強付会ぶりがはなはだしいと高木氏は主張するのであります。
そして日本にも彼に比肩し得る大予言者はゐるとし、「出口王仁三郎」「高島嘉右衛門」の名を挙げてゐたのでした。そして本書につながるのであります。

財界人としては数々の起業に成功し、横浜市の発展に寄与したといふことですが、歴史の表舞台には出ないやうに意識して行動してゐたのでせう。名誉欲とは無縁だつたのか。
そして私財を惜しむことなく公共の事業のために差し出す。金銭欲も薄いやうです。そんな人は存在するのかと突つ込みたくなりますが、希代の易断家ともなると凡人には理解できぬこともあるのでせう。
ところで毎年「高島易断」の冠をつけて発売される「暦」の数々。あれらはほとんどがニセモノといふか、高島嘉右衛門とは関係ないのださうです。怪しからぬ話であります。

伊藤博文の暗殺と、その実行犯の名前の一部を予言したのは有名ですが、これは数多い彼の予言のひとつに過ぎません。本書にはもつとすごい予言が紹介されてゐますよ。といつてもあまり手軽に入手できませんが...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

霊人の証明


 

霊人の証明
丹波哲郎【著】
中央アート出版社刊
1983(昭和58)年3月発行


丹波哲郎さんは「霊界の宣伝マン」を自任してゐました。
結果的に俳優といふ職業に就いたのも、霊界の存在を皆に広めるために都合の良い環境を自分の守護霊団が整へてくれたのだらうと考へてゐたのです。自分の使命と考へ、死後の世界を語り書物を世に問ひ、映画も作りました。心霊科学といふ学問なのですが、世間一般では疑ひの目で見る向きも少なくありません。あまりに想像力に欠けると申せませう。

本書『霊人の証明』は、明治期に活動してゐた霊能者である長南年恵のルポであります。長南年恵。ご存知でせうか。丹波氏は、この女性霊媒者の霊能力を証明してみせることで、霊界の存在も同時に証明ができると考へたやうです。
記録に残つてゐる「事実」としては、次のやうなものがあります。

・つねに絶食状態で、排泄などの生理現象がなかつた。
・20歳の容貌を保ち、40過ぎてもその変化はなかつた。
・風呂に入らなくても垢や汗がない、髪は艶艶してゐて、芳香を放つてゐた。
・男たちと力比べをしても負けない怪力の持ち主であつた。
・降神状態の時、どこからともなく音楽が聞こえてくる。等等。

そして降神状態の時、「霊水」なる水を空の容器に満たし、それを病人に与へてゐたさうです。ところが、時の官憲はこれをインチキと断じ、2度も投獄します。霊能者や心霊科学者の迫害といふのは、いつの時代にもあるものです。無知と偏見。結局官憲立ち会ひの元で「霊水」を出してみせ、ただちに釈放されるのですが。
年恵の弟・雄吉は学究肌の人物で、姉のさまざまな奇跡の評判を、最初は眉唾で聞いてゐました。それで、半ば実体を暴いてやらうとの気持ちから姉の生態を観察し始めるのでした。ところが、調べれば調べるほど、姉・年恵の霊能力は本物であることを証明するばかりだつたのです。

丹波氏は年恵の故郷である山形・庄内地方や、彼女が一時期滞在してゐた大阪へも取材に出向きます。残念ながら長南年恵と直接会つたことのある人物にはつひに出会へませんでした。年月が経ち過ぎてゐたのです。従つて伝聞証言や資料を駆使しての執筆となりました。これ以上の調査は一俳優には難しいと思はれます。
さはさりながら、この半ば忘れられてゐた(当時の話)長南年恵を、一般人に紹介した功績は高いのであります。今後さらに研究が進み、本格的な評伝が登場するのを待つ私でございます。

なほ角川文庫版もありますが、いづれも絶版でございます。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

心霊科学入門


心霊科学入門

心霊科学入門
板谷樹/宮沢虎雄【著】
日本心霊科学協会刊
1974(昭和49)年2月発行


いささか毛色の変つたものを。
いはゆる心霊現象を荒唐無稽な馬鹿話として切り捨てる人には無縁な、唾棄すべき書物でありませう。
しかし「心霊科学」といふやうに、これは科学として一つの体系を為してゐます。なかなかうつとりさせるのであります。要するに面白い。
著者の意気込みとしては、冒頭でレオナルド・ダビンチの言葉「知識とは事実の集積である。しかしその事実は実験その他の合理的な方法で、その事実である事が確証されたものでなければならない」を引用し、本書でも観念を捨て事実だけを述べると宣言してゐます。
「ただ困ったのは怪談で、心霊現象を興味本位で誇張、捏造したため、これが正しい心霊現象をも頭から馬鹿にし、また迷信扱いさせる原因となり、心霊科学の普及を著しく遅らせている」とも指摘します。
ちやうどスプーン曲げのニセモノが出現した時に、これをもつて「超能力は存在しない」と主張するやうなものですね。

入門書としては、必要最小限の内容を詰め込んでゐますが、章立てがいまいち分かりにくくなつてゐます。
第三章で有名な「ハイズヴィユ事件」を述べたあとに、第五章「心霊科学について」といふ概観が語られる。
様々な心霊現象(自動書記とかエクトプラズムとか騒々しい幽霊とか)をまづ一通り説明した後、実際の事件を紹介した方が良いでせう。
それから写真については、鑑定済みのものなのか。つのだじろう『うしろの百太郎』は本書を参考文献として紹介してゐますが、登場人物(主人公後一太郎の父である後健太郎)に、妖精の写真は疑はしいと言はせてゐます。確かに我我が抱く一般的な妖精(フェアリー)のイメエヂそのものすぎますね。もつとも、それをもつてニセモノの写真であると断定はできないけれど。
全体としては、当時(35年くらい前)の現状をコムパクトに伝へる好著と思ふのですが、もう入手は難しさうですなあ...ネット書店でも探せません。とりあへず徳間書店のこんなのがあるやうです。

肯定派も否定派も冷静になつて再度考へてみませう。しかし、「何か不思議なもの」がある、と考へた方が面白いと思ひますけどね...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。