スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決別!日本の病根


田原総一朗責任編集  決別!日本の病根 (オフレコ!BOOKS)田原総一朗責任編集 決別!日本の病根 (オフレコ!BOOKS)



商品詳細を見る

決別!日本の病根
古賀茂明【著】
田原総一朗【責任編集】
アスコム(オフレコ!BOOKS)刊
2011(平成23)年11月発行


以前も官僚の責任といふ古賀茂明氏の著書をとりあげましたが、今回はジャアナリスト田原総一朗氏のインタヴューに答へる形式のものであります。
これも家人が購買したのを、こつそり読ませてもらひました。この「オフレコ!BOOKS」なる叢書(?)、「2時間でいまがわかる!」を惹句としてゐるやうで、実際2時間足らずで読み終へてしまひました。小さい声で告げると、立ち読みで読了できます。

さて『官僚の責任』では、霞ヶ関に巣食ふ病根を表に炙り出して見せた古賀さんですが、処方箋の部分が具体的でなく、やや形式的なきらひがあつたと思ひました。紙数の関係もあるのでせうが。
その点本書では田原氏が読者に代つて突つ込んでゐるので、問題の指摘や改革案がやや具体的になつてをります。

ただやはりこの人も官僚だな、と感じる部分もあります。たとへば。
三陸鉄道が津波で不通になつたお陰でバスが黒字になつた。ところが鉄道を復旧させやうとしてゐる。110億円かかるのださうです。復旧すればまた鉄道もバスも赤字になるので、鉄道の復旧は諦めるべきだと古賀さんは主張します。従来より大幅に通学・通勤時間が増え、やむなく不便なバス利用を強いられてゐる人たちを想像できないのかな、と。道路に費やすお金に比べて、鉄道は冷遇されてゐますね。
また本書ではありませんが、年金支給は80歳からでもいいと発言したこともありました。日本人男性の平均寿命はだいたい80歳ですね。つまり実質年金はナシでいいよと言つてゐるのに等しいのでは。60歳で定年退職した人は、20年間どうやつて生きていくのでせうか。

ま、さういふ点はあるものの、それでも本書で提案されてゐる改革案は現実になつてほしいと考へます。同時に「無理だらうなあ...」と諦めてゐる自分もゐるのですが。あああ。




さて、ひつそりと続けてまゐりました『源氏川苦心の日々充実』ですが、いつたんここで最終回といたしませう。西原理恵子さん風にいへば「さいすうかい」。
突然のことではありますが、まあ誰も困る人はありますまい。
今後は、『源氏川苦心の快楽書肆』なる同工異曲のブログを開設してみましたので、こちらで続けることにしました。ぜひのぞいてみてくださいませ。
URLはhttp://genjigawa.blog.fc2.comであります。

それでは皆さん、さようなら。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

官僚の責任


官僚の責任 (PHP新書)官僚の責任 (PHP新書)



商品詳細を見る

官僚の責任
古賀茂明【著】
PHP研究所(PHP新書)刊
2011(平成23)年7月発行


何となく日本中に厭世感・閉塞感・無力感の漂ふ昨今。
本書を読むと更なる絶望感を味ははされるのはわたくしだけでせうか。

著者の古賀茂明氏は経済産業省の元官僚ですね。「改革派」として、もうすつかり有名人になつてしまひました。
本書が上梓される直前に、古賀氏は「退職勧奨」を受けたさうです。お前はもう首だぜ、といふ訳ですがやり口としては下の下ですな。
で、なぜ首になつたのかは、本書を読むと分かるのであります。

一向に進まない復興や改革に、政治家たちの無能無策ぶりを糾弾する声は多く上がつてゐます。それは事実だが、同様に自らの保身・利権にしがみついて国益を考へない官僚の責任も問ふべきであると著者は述べます。
なぜ彼らが省益を最優先するのか、さういふ仕組みになつてゐるのかの解説をしてくれます。まことに明解であります。
後半には公務員制度改革の提言なども主張しますが、とりあへず「さはり」部分に言及するにとどめてゐる印象です。一部で「腐敗官僚の現状は分かつてゐる。実効性のある改革案がない」と評されるのはさういふところでせう。

しかし本書は専門書に非ず、現状をあまねく知つてもらひたいと願ふ古賀氏の「危機感」が、かういふ構成にさせたのではないでせうか。言つてみれば大論文の「序章」あるいは「概観」に相当するかと。
したがつて古賀氏には、今後の各論展開を期待するところであります。TV出演もいいけれど、ああいふのは局の都合が優先ですから、言ひたいことにも制限があるでせう。

ちなみに本書は我が家の誰かが購入したのを、ハバカリにて読んでしまつた。大きな声では言へないけれど、立ち読みでも一気に読めます...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

普通の家族がいちばん怖い


普通の家族がいちばん怖い―崩壊するお正月、暴走するクリスマス (新潮文庫)普通の家族がいちばん怖い―崩壊するお正月、暴走するクリスマス (新潮文庫)



商品詳細を見る

普通の家族がいちばん怖い―崩壊するお正月、暴走するクリスマス
岩村暢子【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2010(平成22)年3月発行


18歳の息子にサンタクロースの存在を信じ込ませてゐる(つもりの)母親。サンタを信じてゐる間は、ウチの子は大丈夫、などといふ。例外的なケースでもないやうで、何歳になつても夢を見てゐて欲しいのださうです。
本当にかういふ家庭が多いのなら、確かにまことに怖いと申せませう。子供は、母親に合はせて信じてゐるふりをしてゐるだけなのに。あるいは単にプレゼント欲しさか。

日本の風習を子供に伝へたいと語る母親が、同時に自分は酒を呑まないから御屠蘇はしない、御節は面倒だから作らない(または自己流)...ギャグではないやうです。
一方でクリスマスの飾りつけに関しては、異常なほどの情熱を示すのであります。これは一体どういふことでせうか。

本書はそもそもアサツー ディ・ケイといふ企業の「フツウの家族の実態調査(クリスマス・お正月編)」が元になつてゐます。著者の岩村暢子氏は同社の「200Xファミリーデザイン室長」」として、かかる調査を続けてゐるさうです。

で、本書はすこぶる評判が悪い。なぜでせうか。調査家庭のサンプルが少ない? 偏つてゐる? 信用できない?
もしくは自分が気付きたくないと忘れたふりをしてゐた事実を抉られたから? はたまた「こんなのは普通の家族とは言へないよ、私はさうぢやないのだから一緒にされては迷惑千万」といふ心理が働いたのか?

しかしこれらの家族は今や、「例外的」な存在ではないでせう。増加してゐるのは肌で感じるのであります。
なぜならば、わたくしの周囲のファミリーもおほむね同様の傾向であるからです。当然違和感を抱くのですが、ま、所詮他所の家庭、口出しはしないのであります。アレ? ウチはどうだつたかな。

それにしても著者の筆致は相当に毒を含んでゐます。多分ご本人はそれほど意識してゐないでせうが、調査に協力した主婦たちが本書を読んだら怒るだらうな、と余計な心配をしてしまふ。
ま、この毒が面白いのですけど。アハハと笑つた後、やはり怖くなるのが本書であると申せませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

必勝婚活メソッド


必勝婚活メソッド―「お見合い」という婚勝 (学研新書)必勝婚活メソッド―「お見合い」という婚勝 (学研新書)



商品詳細を見る

必勝婚活メソッド-「お見合い」という婚勝
山田由美子【著】
学習研究社(学研新書)刊
2009(平成21)年5月発行


著者は数多くの男女を成婚に導いた、「カリスマ仲人」と呼ばれる人であります。
「婚活」なる言葉が嫌はれる昨今、本書を紹介するのは躊躇逡巡するところでありますが、数多の同種書籍と比較して、これはまことにユウスフルな、実践向きなのであります。
(訳あつて私はかういふ書物を多く読んでゐるのです。そのほとんどは「読書」の対象としてではありませんが。)

特に、現在婚活中で中中結果の出ないあなたに是非読んでいただきたい一冊なのであります。最初は山田先生にガツンと言はれるでせう。あなたは反発するかも知れない。
しかし、ここで述べられるのは情緒的な意見ではなく、事実(冷徹な事実)なので説得力があるのです。
男女別、年代別のアドバイスもあり、実用書としても役に立つと申せませう。

興味の無い方は、もちろんスルーしていただければ。さはさりながら先入観を棄てて読めば、現在の結婚・お見合い事情が分つて面白いと思ひますよ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

名古屋発どえりゃあ革命!


名古屋発どえりゃあ革命! (ベスト新書)名古屋発どえりゃあ革命! (ベスト新書)


商品詳細を見る

名古屋発どえりゃあ革命
河村たかし【著】
ベストセラーズ(ベスト新書)刊
2011(平成23)年1月発行


本日は名古屋市議会の出直し選挙の投開票日でした。
私は豊田市在住で名古屋市民ではないので、見守ることしかできませんが、愛知県知事の大村氏は河村市長と連携してゐるので大いに注目であります。
今開票速報などを見てゐますが、河村市長率ゐる地域政党「減税日本」の過半数は難しいやうです。それでも第一党になることは確実らしい。記事によつて「大躍進」と持ち上げる一方、「過半数に届かず」とネガティヴに表現したりするので、結局この政党は勝利したのかどうかよく分りません。ただ、目的が過半数なのでやはり勝利とはいへないのでせうか。

そんな河村たかし氏の主張がコムパクトに詰め込まれてゐるのが本書であります。家人が購入してゐたのを、こつそり見る。
これを読むまでは、河村さんがよく言ふ「議員のボランティア化」といふのがいまいち分らなかつたが、要するに議員が職業化してゐることが弊害であると訴へてゐるやうです。
のみならず、自分の子供にも継がせたりして、世襲が当り前になつてゐる。よほどおいしい職業なのでせうね。

そしてもうひとつ、お馴染みの「減税」。減税で直ちに効果が出るとは、本人も考へてはゐないやうです。河村氏によると、三つの効用を説いてゐます。
その一。役所の無駄なカネがなくなる。
そのニ。市職員の意識が変る。
その三。本物の民主主義が地域に根付く。
何のこつちや、といふ向きには、本書をのぞいてみると良いでせう。大概の本屋では平積みしてゐるので、すぐ見つかります。やはり報道では伝はらないことが多いですなあ。

支持者もアンチも、本人が本当に伝へたいことを知らないと不毛の議論になります。アンチはこんな本、読まんでせうが。ただ私の体験では、「パフォーマンス」といふ言葉を駆使して非難する人は、既得権は死守するが、自分は何もしたがらないといふ傾向があると感じました。
ま、どうなりますか、新しい市議会を注視しませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。