スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月館の殺人


月館の殺人 上巻 新装版 (IKKI COMIX)月館の殺人 上巻 新装版 (IKKI COMIX)


商品詳細を見る

月館の殺人<全2巻>
佐々木倫子【漫画】
綾辻行人【原作】
小学館(IKKI COMIX)刊
2009(平成21)年1月発行


「月刊IKKI」といふ漫画雑誌に連載されてゐた鉄道ミステリであります。何でもIKKIの<テツ3部作>だとか。(あとの二つは『鉄子の旅』と『阿房列車』)
連載時にリーアルタイムで読んでゐましたので、単行本が出た時も買はずに放擲してゐたのです。ま、価格の高さも原因でしたが。(確か上下巻それぞれで1000円を超えてゐた)
偶然、新装版が出てゐるのを知り、ふらふらと購買しました。半分くらゐ忘れてゐましたので、新鮮な感じです。

主人公の雁ヶ谷空海は18歳の女子高生です。両親を亡くし、天涯孤独と思はれたところへ、実は北海道に祖父がゐて、財産相続の件で祖父に会ひに行く事になりました。
この空海(そらみ、と読む)、母親が極度の鉄道嫌ひであつた関係で、18歳になるまで鉄道に乗つたことがありません(ついでに飛行機も)。
稚瀬布から月館行きの豪華列車「幻夜」に乗り込む空海。「幻夜」には常人離れしたテツどもがうようよ。そしてこの「幻夜」で、殺人事件が起きるのであります...

綾辻氏も佐々木氏もテツではないさうです。それにしてはテツ心をくすぐるディテイルには舌を巻くのであります。非テツには何のことだか分からない部分も多いのではないでせうか。わたくしはテツではないのでよく分かりませんが。
綾辻氏の名前に惹かれて本格ミステリを期待すると肩透かしを食ふと思はれます。面白いけれど、期待した面白さと違ふとがつかりするものです。
佐々木倫子さんが描くテツワールドといふことで、わたくしは十分楽しめたのであります。

なほ、綾辻行人氏の『月館の殺人』なる原作小説は、存在しません...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

メギドの火


メギドの火 (1) (竹書房文庫―異界作品集)メギドの火 (1) (竹書房文庫―異界作品集)


商品詳細を見る

メギドの火<全2巻>  
つのだじろう【著】
竹書房(竹書房文庫)刊
1995(平成7)年7月発行


中学生・北斗一生の周辺には奇妙な事件が続発します。
赤信号なのに横断歩道に割り込む迷惑な車、暴力を振るうチンピラ学生、公道で子供に平気でオシツコさせる母親...さういふ、他人を省みない、自分さへ良ければいいのさ、といふ人々が次々と突然姿を消してしまふ事件が起こるのであります。
実は北斗くんは「宇宙連合」から、悪を消すコンタクトマンとして選ばれてしまつたのでした。「正義のため」知らぬ間に自分が「こんな奴らいなくなればいいんだ...」と思つた人たちを消してゐたのであります。そして「宇宙連合」から「メギド」なるメッセージが! なぜ自分がこんな能力を? 「メギド」とは何か。「宇宙連合」とは一体何か...? 北斗くんは謎が深まるばかりなのであります。

つのだじろう氏得意の霊能力・超能力をベイスにしながら、地球最終戦争まで描くSF大作であります。そして意外な「メギド」の正体。
身を守るための生存競争において、正義とか平和とか、一体何なのだと問ふ主人公。「しょせん衣食足りてる社会にしかなりたたないかんがえじゃないのかっ!?」
その問ひに対して答へられる人はゐるのでせうか。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

水戸黄門になった男 影侍


 

水戸黄門になった男 影侍<全3巻>
さいとう・たかを【著】
リイド社刊
2002(平成14)年8月発行


『傀儡』の改題再編集であります。もつとも私は『傀儡』を読んだことがないので初見ですが。
浪人者の日暮半九郎は天下の副将軍・水戸光圀の命を受け、諸国を旅して世にはびこる不正を糾し、悪を懲らしめる。講談の世界では、当然水戸黄門本人が全国行脚する訳ですが、本作では「影侍」がその役割をするのであります。
お供は「格さん」のみで、フルネームは渥美格之進ではなく、柳田格之介といふ人物。身分を隠すこともなく、侍として旅をするのであります。

この日暮半九郎、もう初老と呼んでもいいくらゐの年配で、白髪も交じる男なのですが、博打と酒と女が大好き。お目付け役の格さんが目を離すと好き勝手なことをしてゐます。また、格さんが眉を顰めるほどずぼらで怠け者、放つてをくといつまでも寝てゐます。
ところが剣の腕は並ではありません。いや、滅法強い。自分より強い相手に出くはすと、いち早くその力量を見抜き、頭脳戦を展開するのであります。

一方格さんは融通の利かない真面目男。怠けがちな半九郎の尻を叩いて仕事をさせ、光圀公にレポート報告をしてゐるやうです。世間知らずで半九郎によく馬鹿にされてゐます。
それでも半九郎と旅を続けるうちに感化されてくるやうで、「あんたもやる事がだんだんイキになってきたねえ!」といはれても、「おや? 私はもともとイキな人間ですが......?」なんて、しやあしやあと返します。
女郎として売られて行く女たちを助けた時は、当の女たちから「郷里へ帰つても餓死するだけ。余計なことをするな」と罵られ、「必要悪」といふものを知り、少しずつ世間を知つていくのでした。

劇画界の巨匠による「水戸黄門外伝」。文字通りの痛快娯楽活劇と申せませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ハルコロ


 
ハルコロ<全2巻>
石坂啓【著】
本多勝一【原作】
萱野茂【監修】
潮出版社(希望コミックス)刊
1992(平成4)年12月発行(1巻)
1993(平成5)年 3月発行(2巻


この漫画はアイヌの少女「ハルコロ」が主人公の物語であります。
純情なハルコロが成長するに従ひ、自分の属する社会(アイヌの世界)がどんなものかを学んでゆくのでした。
ハルコロを通じてアイヌ社会の神話から歴史、風習などが我々にも理解出来るやうになります。

原作はジャーナリストの本多勝一さん。アイヌモシリ(アイヌの土地)については諸説あるが、少なくとも北海道・千島・南樺太は明白にさうであると彼は語ります。北からはロシヤ人、南からはシャモ(=和人、即ち日本人)の侵略によりその固有の土地を追はれてきたといふ歴史があります。人類の歴史は侵略の歴史。
本多氏によると、元々「アイヌ民族」三部作を発表するつもりで、その第一部にあたるのがこの『ハルコロ』ださうです。神話から始まり、1457年のコシャマイン戦争を暗示するところで『ハルコロ』は終ります。

監修の萱野茂さん(アイヌ記念館館長=当時)も、内容の確かさに太鼓判を押します。
「随所に出ている説明文も史実に則って書かれているので、これから先、アイヌ関係のものを書こうと考えておられる方々が、参考文献として引用するに足りる内容を備えています」(2巻「解説」より)
つまりアイヌ民族入門の教科書と申せませう。

そして、この豊穣なる物語に新たな生命を吹き込んだ石坂啓さん。豪快な女性の印象がありますが、実に心憎い漫画を描いてくれたものです。これ以上の適役はありますまい。石坂さんにとつて商業的に成功した作品は他にも数多くあるでせうが、本作は代表作の一つに数へられるべきものでせう。力作。
本多氏によると、原作に加へ2-3割は石坂啓さんの創意も含まれてゐるとか。
第二部以降も漫画にして欲しいものであります。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

高梨さん


高梨さん (IKKI COMIX)高梨さん (IKKI COMIX)



商品詳細を見る

高梨さん
太田基之【著】
小学館(IKKI COMIX)刊
2010(平成22)年5月発行


主婦の小母さん(49歳)が主人公の漫画であります。こんなのはなかなかありませんね。
一見ぼーつとした感じで、外見はどこにでもいさうな小母さんですが、味があります。
フルネームは「高梨悦子」で、自己紹介の時は必ず、「悦楽の悦です」と説明して相手に引かれてゐます。
カラオケが趣味なのですが、極端な音痴で歌つてゐてもお経を唱へてゐるやうに聞こえるのでした。家事をしながら歌つてゐると、「新興宗教のお経か」と誤解されてしまふのでした。かはいさうです。

料理は得意のやうで、カレーライスや豚汁が大好評。マンガ家のアシスタントのヘルプをしても、なかなか器用で重宝がられてゐます。携帯電話は苦手みたい。
大変な世話焼きで、ペットが逃げた人を見ると一緒に探し出し、意中の人に告白できない女学生のためにキューピッド役を買つて出たり...風貌とは裏腹に、行動が早いのです。
かういふ人が身近にゐたらどうなのか、一寸判断に迷ふところですが、私は会つてみたいですね。よくよく考へたら、彼女は善意のかたまりみたいな人なんですよ。

この漫画、女優の村井美樹さんがブログで紹介してゐたので読んでみました。(漢検一級合格おめでたう)。
私は本来他人が薦める本は読みたくないのですが、村井さんに「おすすめです」といはれたら読むしかありませんよね。
一風変つたギャグ漫画ですが、評価は分かれさうです。笑ひは、後からじわーつとやつてくる。そこでもう一度読みたくなる、といつた感じです。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。