スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話あと一歩


 

英会話あと一歩 とにかく話せちゃうのよ
マーシャ・クラッカワー【著】
光文社(カッパ・ブックス)刊
1980(昭和55)年6月発行


NHKの語学番組で人気者だつたマーシャ・クラッカワーさんの、たぶん最初の著書であります。古い本ですがね、いや、これは良い。
本書一冊で会話が上達するものではなく、英語をモノにするための発想の転換を促すといふ優れものです。

全体で9章に分かれてゐまして、従来の英会話書にも載つてゐさうなパートは、精々第1章「センテンスは短く、短く!」と第2章「全部聞きとらなくたっていいの」くらゐのもの。
当時は英会話の本と謳ひながら、文法中心の構成の本がほとんどだつたやうに思ひます。学校英語の域を出てゐなかつたと申せませう。
マーシャ・クラッカワーさんは米国人の発想と日本人の発想の違ひを挙げて、英語を話す時は米国人的発想を身につけなければいけないと諭すのであります。学校の先生はさういふことは余り教へてくれませんでしたね。テストに出る項目は丁寧に解説してくれましたが。
英単語を詰め込むよりも、会話上達にはその方がずつと近道なのでせう。

さういへばこんな話を聞いたことがあります。米国でトイレに入つてゐる時にノックされたら、何と返すか。真面目な日本人は、文法的に正しい言葉を何とか探し出さうと焦る。「ええつと、何だつけなあ...サムワンインかな?」などと考へてゐるうちに扉を開けられてしまひます。
しかしこんな時は「ゴホン」と一つ咳払いをすれば事足りるといふ話であります。

また、当時の日本人は米国人を理想化してゐました。ベトナム戦争とかでかなり威信を落としてしまつたが、それでもなほ米国は自由の国で、世界最高の国家であると何となく思つてゐました。
それを「そんなことはないのだよ。米国も同様に問題点・悪い点もあります」とばかりに語つてくれたやうな気がしてゐます(実際にはさういふ発言はないのだけど)。

ま、七面倒なことはよろしい。読み物として普通に楽しめるのであります。といつてもさすがに絶版ですが。
文庫版も出たらしいが、それも絶版のやうです。残念。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

日本の文章


日本の文章 (講談社学術文庫 (648))日本の文章 (講談社学術文庫 (648))



商品詳細を見る

日本の文章
外山滋比古【著】
講談社(講談社学術文庫)刊
1984(昭和59)年8月発行


日本の文章。実に壮大かつ捉へどころのない茫洋としたタイトルであります。
本書をちらちらとのぞいてみますと、一つの章がまことに短い。何かの雑誌に連載されたコラム的な文章でせうか。
著者によりますと、文章の書き方を説いた本ではなく、われわれの文章がどのやうなものであるかを考へたものであるさうです。

文章といえば、文字だけの言葉、声を失った表現を考えがちなのが、これまでの日本である。文章も言葉であるから、肉声と縁を切るわけにはいかない。ここでは耳で読む、耳でも読める文章に注意している。そこから新しい日本語のスタイルが生まれるかもしれないと考える」(「まえがき」)

なるほど日本では読書といへば黙読といふ暗黙の了解みたいなものがあつて、音読は子供がするものと決め付けてゐないか。これは明治以降の翻訳文化の悪しき影響であると著書は述べます。
ずばり「耳で読む」といふ短い章があります。たとへば書き上げた文章を推敲する時に、音読してみれば良いらしい。音読することで、リヅムの悪い文章、同じ言葉の繰り返しが多い文章などを撃退出来るのであります。

以上は一例で、さういふ目からウロコ的な提言主張が全部で28章も収められてゐるのです。これらを惜し気もなく一冊にぎゆつと詰め込んだ、まことに贅沢な書物と申せませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

文章読本


文章読本 (中公文庫)文章読本 (中公文庫)



商品詳細を見る

文章読本
丸谷才一【著】
中央公論社(中公文庫)刊
1980(昭和55)年8月発行
1995(平成7)年11月改版


文化勲章を受けることになつた丸谷才一さん。
わたくしも若い頃は、勲章なんてまことにくだらぬものよと考へてゐましたが、いざ丸谷氏が受章しますと「別にいいぢやん」とつぶやく自分がゐます。
インタビューを受ける丸谷才一さんは、相変らずの大きな声で元気よく語つてゐました。歴史的仮名遣ひで書くと本が売れないつていふんだよ、なんて。

故井上ひさしさんに「掛け値なしの傑作」と言はしめた丸谷版『文章読本』であります。
これは名人芸の域で、読んでゐるうちにその内容にうつとりし、上手な文章を書きたいなんで心持はどこかへ行つてしまふほどです。
第二章の「名文を読め」と第三章の「ちよつと気取つて書け」(カッコイイ)で、おほむね文章作法の要諦が示されてゐるのではないでせうか。他の章は実に贅沢な文章論と申せませう。

ところで、いはゆる名文とは何か。本書では以下のごとく説明されてゐます。
「有名なのが名文か。さうではない。君が読んで感心すればそれが名文である。たとへどのやうに世評が高く、文学史で褒められてゐようと、教科書に載つてゐようと、君が詰らぬと思つたものは駄文にすぎない。逆に、誰ひとり褒めない文章、世間から忘れられてひつそり埋れてゐる文章でも、さらにまた、いま配達されたばかりの新聞の論説でも、君が敬服し陶酔すれば、それはたちまち名文となる。君自身の名文となる」
それには広範囲に渡る多読が条件となる旨を付け加へてゐます。
本書の刊行後、この部分を吉行淳之介さんに対談で突つ込まれてゐました。くだらぬ文章を名文と思ふ危険性に言及したと記憶してゐます。丸谷氏は押され気味でしたが、そのやりとりは面白かつた。

しかし少なくともわたくしにとつて、本書は「敬服し陶酔する」に十分な一冊と申せませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

さらば学校英語 実践翻訳の技術


さらば学校英語 実践翻訳の技術 (ちくま学芸文庫)さらば学校英語 実践翻訳の技術 (ちくま学芸文庫)



商品詳細を見る

さらば学校技術 実践翻訳の技術
別宮貞徳【著】
筑摩書房(ちくま学芸文庫)刊
2006(平成18)年12月発行


1980(昭和55)年に発売された『翻訳の初歩 英文和訳から翻訳へ』(ジャパンタイムズ)の復刻版のやうです。
一部加筆されてゐますが、基本的には現在でも十分通用する内容であると判断されたのでせう。
「さらば学校英語」なるフレイズには、大学受験が目的である実用的ではない英語といふ意味と、英文解釈で使う和訳と翻訳はまるで異なるのだといふ側面を表してゐるのでせう。

この著者は以前にも似たやうな入門書を上梓してゐますが、なぜ又本書を書いたのか。
「はしがき」によると、入門書として発表した『翻訳読本』(講談社現代新書)ですら、難しいといふ声があがつてゐたとか。それでさらに噛み砕いた本書の登場となつたのであります。

したがつて主張するところは『翻訳を学ぶ』『翻訳読本』と変らないのですが、シンプルになつた分、より鮮明に読者に伝はるのではないかと考へます。
例へば「良訳への道」への最初の条件として「日本語を書く」とあります。当り前ぢやん、といふ人はまだ分つてゐない。本書を読む「資格」があると申せませう。
また、「誤訳」に対して世間は手厳しいが、それよりも罪深いのは日本語ならざる文章であるとする。ほとんどの場合は実力不足を糊塗する為に誤魔化さうとして変な日本語になるみたいです。
それに比べたら単純な誤訳はまだマシであります。ま、無いに越したことはありませんが、二葉亭・鴎外以来「名訳」と呼ばれる仕事の数々には、常に誤訳は付き物だとか。

まことに分かりやすい本書でありますが、受験勉強中の高校生なんかは読まない方が良いかも知れませぬ。少なくともテストの点が上がるといふ種類の本ではありません。別宮先生の辛辣な文章を愉しみたいといふなら止めませんが...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ん―日本語最後の謎に挑む


ん―日本語最後の謎に挑む (新潮新書)ん―日本語最後の謎に挑む (新潮新書)



商品詳細を見る

ん-日本語最後の謎に挑む
山口謡司【著】
新潮社(新潮新書)刊
2010(平成22)年2月発行


発売以来気になつてゐた一冊であります。やうやく読む。
「ん」といふのは、長い日本語の歴史から見ると、新しい文字ださうです。
たとへば『古事記』には、文字どころか「ん」と発音する部分は皆無だとか。

しかし現実には「ん」の音がない筈がありません。それを表記する必要から、西暦800年くらゐから「ん」「ン」が登場したのだと著者は語ります。
「ん」の起源をたどると、空海とサンスクリット語まで遡るとは思ひませんでした。最澄・安然・明覚...多くの先達が「ん」のために力を注いだのあります。感謝。第三章-第五章のあたりや第七章の論争の話などはコーフンしますね。予想以上に力瘤の入つた書物であります。

「ん」の音は下品として好ましく思はない人がゐるのは、どうやら今に始まつたことではないらしい。文字の登場が遅れたのも関係がありさうです。著者の仏人である奥様は、著者が「んー」といふと抗議するらしい。耳障りなのでせう。代りに「ムムム」と発すれば問題ないとか。
ここで唐突に思ひ出すのが、故ちばあきおさんの漫画であります。彼の漫画における会話文には、極力「ん」を廃してゐるやうに思はれます。
相槌で「うん」とでも言ひさうなところは「うむ」とか「む」だし、「○○なんだ」は「○○なのさ」となります。バントのサインをイガラシくんに確認にいくと、「む。ちと危険だがな」と中学生らしからぬ返答。
ちばさんも、「ん」の音を嫌つてゐたのでせうか...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。