スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくがぼくであること





ぼくがぼくであること 
山中恒【著】
角川書店(角川文庫)刊
1976(昭和51)年2月発行


児童文学の名作といはれてゐます。
学生時代に友人から薦められて購買だけはしたのですが、私は本については頑なに自分で選ぶのが好きで、人から推薦されるのはあまり読まない。それでそのまま放つてゐました。
で、最近本棚があまりに汚いので少し整理してゐたら、本書を再発見、何気なく読み始め、そのまま最後まで読了してしまつた。

主人公の平田秀一くんは小学6年生、5人兄弟の下から2番目であります。優秀な(と母親が思う)他の姉や兄、妹に比べて、秀一は1人出来が悪いといふことでお母さんに怒られてばかり。
話の弾みで家出をする羽目になりますが、それをきつかけに、とんでもない事に巻き込まれていくのでした...
少年向けなので、登場人物の性格付けも極端にはつきりと描いてゐます。特に母親は戯画化が激しい。かと言つて有り得ない設定かといふと、発表当時の世相を考へますと、この母親はいかにも実在しさうな感じを与へます。兄弟姉妹の中でも、出来の良い子供とさうでない子供に対する対応が明らかに違ふ親は珍しくなかつた。
もちろん親のいふ「出来の良い子」は、学校の勉強が良く出来て親や先生の言うことを良く聞く子供で、その逆は悪い子なのでありました。

家族の問題を通じて、自分とは何かを探す少年を描いてゐるのですが、まあそんなことはどうでもよろしい。もしこの本を大人が子供に与へるならば、余計なことを何も言はずに渡して欲しいですね。
何しろ読み物として、まことに面白く出来てゐます。一気に物語の世界に引きずり込む力を持つてゐます。さうして『ぼくがぼくであること』を読んだ少年は、必ず自力で次の本を選ぶことでせう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

もしも...あなたが外国人に「日本語を教える」としたら


もしも...あなたが外国人に「日本語を教える」としたら

もしも...あなたが外国人に「日本語を教える」としたら
荒川洋平【著】
スリーエーネットワーク刊
2004(平成16)年5月発行


もしあなたが、突然外国人に日本語を教へる必要にせまられたら...?
本書の前半は、かういふ場面に遭遇した3人のケースをそれぞれシミュレーションします。
主婦の平野さん、会社員の今井さん、大学生の河田さんの3人ですが、それぞれに工夫して、悪戦苦闘しながら自家製の授業をすすめていきます。すこぶるリアル。
平野さんと今井さんは何とか学習者の興味を惹かせてゐるけれど、河田さんは完全に失敗してしまひます。
失敗の原因はいろいろとありさうですが、その一つに成人学習者を子供扱ひする、といふ指摘があります。これは私も思ひ当るのであります。(私も個人的に日本語を教へたりする。)
外国人の、特に女性が舌足らずの片言日本語を話す様子は、まるで子供のやうに可愛いので、油断して当方も子供言葉になることがあります。これはいかん。ぐさりと来ました。

後半は理論篇でせうか。三大教授法なんてものを紹介してゐます。もつとも著者の荒川洋平氏が命名したもののやうですが。本書は言はば入門篇なので、サラリと触れてゐますが、まことに興味深いものがあります。
別段日本語を教へる機会がない人でも、語学に関心があるなら必読の書と申せませう。
一気に読めますよ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

リーダーは何をしていたか


19978072.jpg

リーダーは何をしていたか
本多勝一【著】
朝日新聞社(朝日文庫)刊
1997(平成9)年6月発行

北海道・トムラウシ山遭難事件のニュースを聞いて、私は思はず「またか」とつぶやきました。
本多勝一さんは山の遭難事件について、それこそ数十年前からリーダーの責任について言及してゐます。
逆に言へば、一般的には事故に際してリーダーの責任を問ふ声が少ないといふことでせう。
山についてあまりにも無知な人物がリーダーとなり、一般の人を引率するケースが多すぎると本多氏は慨嘆します。
今回の事故も完全に人災と申せませう。「自然災害により、船舶やバスなども事故が起きる。何でもリーダーの責任にするのは酷ではないか」といふ意見も聞きますが、今回は例へるなら、バスの運転の経験もない無免許運転状態の運転手が、乗客を乗せ険阻な山道をバスで走るやうなものです。
従つて「中高年が云々」「自己責任で参加せよ」などといふ声は通用しないでせう。

本多氏のかういふ警告があるにも拘らず、無責任な山の事故はなくなりません。残念であります。
山登りツアーを企画する会社の関連者、ガイド、参加者はすべからく本書を読んだ上で行動を起こすべきであらうと、私は思ひをめぐらします。
今回は少々真面目になつてしまひました。反省。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

駅前旅館


駅前旅館 (新潮文庫)駅前旅館 (新潮文庫)



商品詳細を見る

駅前旅館
井伏鱒二【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1960(昭和35)年12月発行
2007(平成19)年11月改版


駅前旅館。見かけなくなりました。
旅行の移動手段が鉄道中心だつた頃は、結構な数の駅前にあつたさうな。
しかし中小の駅前は寂れ、一方大都市の駅前は大型ホテルが林立する時代になり、風情はなくなりました。
駅前はビジネスホテルが全盛ではなからうか。ま、旅客が「旅館」より「ホテル」を好むやうになつてきたのでせう。実際ホテルは便利であります。

またもや個人的な話。
以前住んでゐた家の最寄り駅に、「F旅館」といふ駅前旅館がありました。外観を一瞥しますと、良く言へばまことに大衆的、悪く言へばぼつさい風体の建物です。
北九州市小倉出身の英語教師であるK先生が、この土地へ来てまだアパートが見つからない間、このF旅館に投宿しました。先生が言ふには、部屋に座布団がなく、枕は破れてゐて、仕方がないので自分の枕を駆使したとのこと。
数年後、この「F旅館」は、「ビジネスホテルF」と改称し、名称だけはビジネスホテルになりました。外観はまつたく変りません。しかし客は増えたみたい。
一度ここで泊つてみたいと勘考してゐたのですが、何しろ自宅から徒歩15分ですから、その機会はありませんでした。そこへ、弟の友人が遊びに来るといふので、半ば騙すやうな形で一晩ビジネスホテルFを利用させました。結果は、K先生が泊つた時と全く同じ状態だつた...

あ、この話に何の寓意も教訓もありません。

東宝映画『駅前旅館』の原作といふことですが、もちろん森繁・伴淳・フランキーは登場しません。
「柊元(くきもと)旅館」の番頭・生野次平による独白体で話が進められます。
これといつた話の筋があるわけでもありませんが、魅力的な語り口で、戦後の駅前旅館を描写します。さまざまな隠語やしきたり、客扱ひの極意...哀愁を帯びながらもユウモワに満ちた作品ですね。
とにかく読んでゐて幸福な気分になれる一冊であります。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

雷蔵、雷蔵を語る


雷蔵、雷蔵を語る (朝日文庫)雷蔵、雷蔵を語る (朝日文庫)



商品詳細を見る


雷蔵、雷蔵を語る
市川雷蔵【著】
朝日新聞社(朝日文庫)刊
2003(平成15)年9月発行


1969(昭和44)年の今日、不世出の時代劇俳優・市川雷蔵が37歳の若さで他界しました。もう40年になるのですねえ。そこで私も、『雷蔵、雷蔵を語る』を語ることにしませう。
内容は後援会の会誌に寄稿したものをまとめたものです。あまり自分の事を語らない人といふ印象がありますが、実に率直に思ひを綴つてゐますね。
映画界(といふか、大映)の現状を憂える記述も多いです。これは、やはり良い映画を作りたいとの信念があるからでせう。何しろ当時はスターシステムですから、大映に限らず人気映画俳優は毎月のやうに主演映画の封切があつたのです。これが粗製濫造につながるのは容易に想像がつくでせう。
まさに俳優たちは、映画会社にとつて「商品」そのものだつたのである。特に大映の永田、新東宝の大蔵両氏は、しばしばさういふ発言をして反感を買つてゐました。
共演した女優たちについて書いてゐますが、これが面白い。小川真由美さんの鼻が立派すぎて、キスシーンでは鼻がかちあひ、はなはだ困つた、とかね。

実際に雷蔵を見たくなり、『眠狂四郎無頼剣』のDVDを引つ張り出す。これは良いですよ。眠狂四郎シリーズでは、『勝負』『炎情剣』『無頼剣』が私の好みであります。これらはすべて三隅研次監督によるもの。三隅監督は大映の娯楽時代劇映画では一番と私は思つてゐます。ちなみに彼は、円月殺法の時に残像を表現しません。それも好感が持てます。
『無頼剣』については、敵役の天知茂が良い。新東宝の倒産後、大映に移籍した彼ですが、やはり外様の悲しさか主演は撮らせてもらへなかつたやうですね。原作のシバレンさんは、この映画を評価しなかつたさうですが、傑作であることに相違はありません。
『忍びの者』や『濡れ髪』もまた見たくなつてきました...やはり良い役者です。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

日本人の知らない日本語


日本人の知らない日本語日本人の知らない日本語



商品詳細を見る


日本人の知らない日本語
蛇蔵&海野凪子【著】
2009(平成21)年2月刊
メディアファクトリー発行


本書内にも少し言及がありますが、真面目な外国人が真面目に日本語を勉強しますと、とてつもなく上達が早いものであります。平均的な日本人よりも日本語が上手になることも珍しくありません。
私は数年前、中国(広西チワン族自治区)の日本語学校で、その授業風景を見学する機会がありましたが、生徒さんたちはまことに真剣・熱心、表情にまやかしがなく、なるほど上達するはずだと感動した次第であります。
未だに「日本語は世界でも最も習得が難しい言語のひとつである」と思ひたがる日本人がゐます。ま、簡単ではないでせうが、外国の学習者に言はせると、日本語は母音が極端に少なく、発音も単純なので、会話はわりと簡単であるさうです。(表記法は難しいと述べてゐた。)
先達てのイタリア・ラクイラサミットでも、某国の麻生なにがしといふ首相が、質問した外国人記者に対して、「どこで日本語を勉強したのか。日本の新聞社の人よりもうまい」などと先入観にみちた発言をしてゐましたね。かういふ物言ひは失礼だと思ひました。そんなことよりも、この人は漢字の勉強でもした方が良からうと存じます。

日本語学校教師であるなぎこ先生の原案を、蛇蔵さんといふ奇妙な名のイラストレーターが面白をかしくコミックに仕立ててゐます。
私もなぜか外国人の日本語学習者が周囲に結構ゐますので、「うんうん、さうだねえ」と頷きながら爆笑する場面がいくつもあります。
彼らがカタカナに苦戦するといふのはどうやら本当で、実際に「チョコレトー」と書く人を私は知つてゐます。「ジャガイモ」といふ表記を、「ガジャイモ」と発音して正しいと疑はない人や、「苦心さんの携帯はどこの会社ですか。ソフトバンク? それともコドモ?」と私に質問する女性もゐまして、退屈しません。
蛇蔵さんによると、第二弾の出版予定があるといふことです。こちらも愉しみですね。

(*今回から、あまぞんへのリンクを貼ることにしませう)

にほんブログ村 本ブログへ

冬の鷹


冬の鷹

冬の鷹
吉村昭【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1976(昭和51)年11月発行


医書『ターヘル・アナトミア』の和訳書である『解体新書』を訳出した前野良沢と杉田玄白。
しかし実態は前野良沢がほぼ独力で翻訳し、杉田玄白は翻訳作業が始まる時点ではオランダ語のABC(アルファベット)も知らなかつたといふ。蛮勇をふるふにも程があらうと言はれさうです。
ほとんど手がかりが無い中で、大いなる苦難の末、一応の訳出を果たします。しかし、どうしても分からない箇所も多くあり、そんなところは類推で無理やり翻訳してゐるので、当然誤訳もそこかしこにあるのでした。
オランダ語学者として完璧な翻訳を期す前野良沢と、医学者として医療の進歩を優先する杉田玄白。2人の対立が表面化します。結果、前野良沢は翻訳者としての名前を出さず、杉田玄白の訳書として世に問ふことになりました。
それまでの漢医学を否定する側面を持つ『解体新書』は、一大センセーションをもたらします。杉田玄白は紹介者として名声を博す一方、頑固な完全主義者・前野良沢は貧窮の境遇に陥り、私生活にも恵まれません。読者は、自然と前野良沢に感情移入してゆくのであります。

少々の瑕疵には眼をつぶり、とにかく前進する人と、足元を固めないうちは、前に進まない慎重な人。現在でも、かういふ対立はとかく生活の場、ビジネスの場などで散見されるのではないでせうか。
しかし世間的には敗者となつた前野良沢に、作者は暖かい眼を向けてゐるやうに思へます。
最後に近い場面で、視力が衰へ身体も自由が利かなくなつた良沢が独りで死を待つだけの情況に追ひ込まれます。そこで迎へに来るのが、他家に嫁いだ娘の峰子でした。一緒に暮らさうと引取りに来たのです。辞退する良沢に対し語気強く主張し、この父にうなづかせるくだりがあります。告白しますと、私はここで泣いてしまひました。小説を読んで泣くなど滅多にないのですが...やられましたねえ。おすすめです。

*入手難度・・・★★☆☆☆

にほんブログ村 本ブログへ

新幹線ガール


新幹線ガール

新幹線ガール
徳渕真利子【著】
メディアファクトリー刊
2007(平成19)年3月発行


私の新幹線の思ひ出。
小学生の頃は、田中角栄首相の日本列島改造論が大流行、新幹線も「ひかりは西へ」をキャッチフレーズに工事がばかすか進んでゐました。
1972(昭和47)年に山陽新幹線の岡山開通、1975(昭和50)年には博多開通、この勢ひで東北・上越・成田の各新幹線も一気に開通するかと思つたものです。
ちなみに、開通当時の東京-博多間は、7時間を少し切るくらいを要してゐたと記憶してゐます。今は「のぞみ」で5時間弱くらいですから、随分速くなつたものであります。しかも当時の「最速ひかり」(「赤いひかり」などと称した)よりも停車駅は増えてゐるのに。
私の親の郷里である鹿児島へ行く時、西鹿児島行きの「はやぶさ」か、新幹線と特急「有明」の乗継を駆使するかのどちらかでした。子供の私はブルートレイン「はやぶさ」に乗りたがつたのですが、親の意向で新幹線を利用する事が多く、その際によく駄駄をこねたりしました。
博多開業を期に新幹線にも食堂車が連結され、数回利用した覚えがあります。しかし高いメニウばかりで、あまり落着かなかつた。それに比べ、車内販売は良く利用しました。売り子さんが自分の座席の横を通る度に、何かを購買せねばいけないやうな気になりましたね。

当時の売り子さんは、愛想が良くて親切な人とさうでない人との差が大きかつたやうな気がします。徳渕真利子さんの『新幹線ガール』を読むと、現在の「パーサー」はかなり厳しい教育を受けてゐることが分かります。個人の資質に頼る部分が大きかつた過去と比べると、大きな変化と申せませう。小売業全般にいへる傾向ですね。
子供のために、緑茶以外の求める母親に対し、自分のワゴンにはないミネラルウォーターを探す徳渕さん。「小さなお子様が、新幹線が目的地に着く数時間の間何も飲むことができないかもしれない、ということまで想像力を働かせなければ」
かういふ人がパーサーに増えてくれば新幹線の移動も、味気無いものにはならないでせう。
ところで、本書は2年前に出てゐます。徳渕さんは今でもパーサーを続けてゐるのでせうか。

*入手難度・・・★★☆☆☆(まだ余裕)

にほんブログ村 本ブログへ

江分利満氏の優雅な生活


江分利満氏の優雅な生活

江分利満氏の優雅な生活
山口瞳【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1968(昭和43)年2月発行


中学生の頃に一度読んでゐる筈なのですが、その時の読後感を覚えてゐないのです。
タイトルからして、軽妙でユウモワに満ちた読み物かと思つてゐましたが、なかなか重く深刻な話が多い。作者の自伝的な小説でせうか。江分利の新婚時代の記述はしんみりさせられるし、父親との関係は緊張感がありはらはらします。といつても一貫した筋がなく、何とも捉えどころのない作品ですね。江分利満に仮託した「山口瞳の生活と意見」ですかな。少し鬱屈したやうな記述も散見されます。執筆当時はまだサントリーに在籍してゐたといふことなので、何か屈託があつたのか。

かういふ江分利満ですが、発表当時は直木賞を受賞して、映画化されたり、評判をとつたやうです。
私は未見ですが、岡本喜八監督・小林桂樹主演で東宝で制作されたとか。いつたいどのやうな脚本に仕上げたのか、原作からは想像もつきませんが。
昭和30年代の世相は、今の人たちにどのやうに映るのか。私の年代では、幼き日々と重なる部分がありますが、自分より若い人は、そもそも本書を手に取るのか? なんてことを思つてしまひます。サントリー文化人も、どんどん遠くなる...

*入手難度・・・★★★☆☆

にほんブログ村 本ブログへ

品川隆二と近衛十四郎 近衛十四郎と品川隆二


品川隆二と近衛十四郎 近衛十四郎と品川隆二

品川隆二と近衛十四郎 近衛十四郎と品川隆二
品川隆二/円尾敏郎【著】
ワイズ出版刊
2007(平成19)年4月発行


長い書名であります。
品川隆二と近衛十四郎といへば、何といつてもTVの素浪人シリーズ『素浪人 月影兵庫』『素浪人 花山大吉』。この2-3年CSの東映チャンネルや時代劇専門チャンネルでも何度か放映されて、それまでのファンの渇きを癒してくれたものでした。
そのやうなファンにとつて、本書はこの上ない贈り物でせう。さすがワイズ出版。
近衛十四郎さんは剣戟の殺陣では日本一といはれた時代劇俳優。シリアスな演技の中にとぼけた味はひを出せる役者でした。1914年生れだから十四郎、といふのも人を喰つた感じで良いですね。松方弘樹、目黒祐樹兄弟の父であります。
一方、品川隆二さんは『月影兵庫』、『花山大吉』を通じて相棒役・焼津の半次を演じました。相棒といつてもその存在感はたまらなく大きく、一度見たら忘れられません。ダブル主演といふべきでせう。

近衛さんが亡くなつてからすでに30年が経つてからの本なので、どうしても内容は品川隆二さんが中心となり、大半を品川さんのインタビューで占めてゐます。よくぞここまで語つてくれたといふ感じです。これは貴重な証言ですよ。当時の映画界(おもに大映・東映ですが)の内情を惜しげもなく披露してゐます。同時に当時の品川さんの心情なども開陳され、意外な言葉も聞かれます。
「焼津の半次なんて大嫌い」なんて今さら言はれても、ファンは戸惑ふばかりではありませんか。
まあさういふ事も含めて、まことに得難いインタビュー内容です。
要するに、愛好家にとつては宝物のやうな書物(さうでない人にとつてはどうでもいい本)といふことです。
それではおやすみなさい。

*入手難度・・・★★★☆☆(意外と早く入手困難になる、と思ふよ)

にほんブログ村 本ブログへ

カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。