スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

列車名徹底大研究


列車名徹底大研究 (マイロネBOOKS)列車名徹底大研究 (マイロネBOOKS)



商品詳細を見る

列車名徹底大研究
曽田英夫【著】
JTB(マイロネブックス)刊
2002(平成14)年4月発行


来年全線開業予定の九州新幹線には、すでに「さくら」といふ名称で新大阪からの直通列車が走る予定になつてゐます。これは以前廃止されたブルートレインの名前が復活したのであります。九州内の新幹線としてはすでに「つばめ」が使はれてゐますし、今年の12月には東北新幹線で「はやぶさ」が復活。
そしてさらに驚くニュースが。山陽-九州新幹線に「のぞみ」級の最速列車が設定されることになり、その名称がどうやら「みずほ」になりさうだといふのです。
新幹線に追はれるやうにして消えた列車名が、今度は新幹線電車の愛称として使はれる傾向にあります。いはゆるオオルドファン(私に非ず)には嬉しい措置と申せませう。

「みずほ」には個人的な思ひ入れがありました。父親の郷里鹿児島へ帰る時、最初に乗せてもらつた(記憶がある)のがこれだからです。ここで人は、つぶやくかも知れません。「みずほ」は当時東京-熊本・長崎間の列車であるぞ、西鹿児島(現・鹿児島中央)行きの「はやぶさ」と間違へてゐるのではないか?と。
いやいや、当時の帰省シーズンには「はやぶさ」はなかなか寝台券が取れなかつたのですよ。そこで、一段人気面で劣る「みずほ」と、熊本からの急行「かいもん」の乗り継ぎなのです。
かつては「はやぶさ」と、長崎行きの「さくら」を補完する地味な役割の「みずほ」でしたが、新幹線の舞台では「さくら」の上位列車として復活するのは面白い。

と、個人的な話をしてゐるとキリがないので、『列車名徹底大研究』の話。
第1章ではJR化後の新しい名称を紹介。人名から採用した名称としては「いさぶろう・しんぺい」が有名ですが、現役大関から命名された「かいおう」なんてのは珍しい。安直な「スーパー○○」方式命名は打ち止めにしてもらひたいのです。
第2章は、伝統的な列車名のルーツを探ります。本来は特急列車には「日本を代表する山・花・鳥など」、急行列車には「走る地域の旧国名や地名」が付けられるのがざつとした原則でしたが、特急がこれだけ増えるとさうも言つてゐられなくなつたといふことか。
第3章の「列車名ウォッチング」はいささかモノマニアック。
第4章は往年の名列車の話。初めて国鉄の列車に愛称がついたのは昭和4年。本書でも触れられてゐますが、公募で決められました。投票結果は、①富士②燕③桜でした。そこで1・2等列車に「富士」、3等列車に「桜」と命名されたのです。この結果を見て、口の悪い連中は「次に選ばれるのは“ゲイシャ”か」と揶揄したさうです。2位の「燕」はのけ者にされたのではなく、翌昭和5年に登場予定の「超特急」につけるため、温存したのでした。たしかに最速列車には「富士」「桜」より「燕」がふさはしい。
以後「燕(つばめ)」は国鉄を象徴する愛称として、別格扱ひにされてきたのであります。プロ野球に参入した国鉄球団のニックネームも「燕」からスワローズとなつてゐるのです。サンケイになつてからニックネームを「アトムズ」に変更しましたが、ヤクルトになつて再びスワローズに戻しました。ヤクルト、ありがたう。

世の好事家の方々には興味のある話が載つてゐます。しかし役に立たない話を嫌ふ人は読まないがよろしい。
雑学といふにはメイニアック過ぎるし、鉄と呼ばれる人たちには物足らぬかも知れません。
私は鉄ではありませんが、好事家の末席を汚す者として、推薦することにしませう。では、さらば8月。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

巨人軍に葬られた男たち


巨人軍に葬られた男たち (新潮文庫)巨人軍に葬られた男たち (新潮文庫)


商品詳細を見る

巨人軍に葬られた男たち
織田淳太郎【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2003(平成15)年2月発行


20年前くらゐまでは、日本の男どもは皆プロ野球に夢中になつてゐたものであります。なかでも読売ジャイアンツなる球団は常勝ティームで、抜群の人気を誇つてゐました。巨人・大鵬・卵焼き。
同時にこの球団は常勝を義務付けられてゐた(わけでもないけど、皆そんなふうに捉えてゐた)ので、勝つためにはなりふり構はず何でもやる、といふ面もございます。古くは別所引抜き事件なんてのもありました。そんなこんなで「アンチ巨人」といふ一派もあります。

『巨人軍に葬られた男たち』は、まづ前半が「あるドラフト一位投手の死」。湯口事件の湯口敏彦を中心に、難波昭二郎・小坂敏彦・大北敏博といつた人たちを取り上げてゐますが、「巨人軍に葬られた」といふのは少しおほげさな気がします。
湯口事件については私はほとんど知るところではなく、何となく「自殺した巨人の投手」くらゐの認識でありました。本書を読めば分かりますが、もちろん自殺ではなかつたのです。しかし多くの人が自殺だと思つてゐるらしいのです。確かに謎の多い死ではありますが。明らかにジャイアンツが間違つたのは、うつ病が完治しない状態で練習に復帰させたこと。そして死後の川上哲治監督のコメント。この発言は、無知・偏見・驕り・責任転嫁・自己保身がすべて詰まつた、リーダーにあるまじき内容でした。おそらくこれにより、湯口投手の被害者性が喧伝されたと見ます。著者の思ひ入れが詰まつた、力作ルポと申せませう。
個人的には、難波選手に対する仕打ちが非道であると思ひました。中日入団がほぼ決まつてゐた難波選手を強引に説き伏せ、巨人に入団するよう工作するスカウト。ところが六大学のスタア長島茂雄の入団が決まるや、もう君は必要ないから巨人に来なくてもいいよと突き放す。恐ろしい世界。

後半はスーパースタア・王貞治監督の苦悩を描いた「スーパースターの涙」。
巨人軍の歴史を見ますと、王貞治といふ人は文句なく最高レベルの貢献者でせう。さういふ人に対してさへ、かかる仕打ちを平気でする球団。著者でなくても怒りがわいてくるものです。
人格者の王さんは、誤解による非難やいはれなき中傷にも黙つて耐へたのです。詳しくは本書を読んでみて。

読後思ひました。これらは、はたして昔話か? より巧妙な形で今でも行はれてゐないだらうかと。
すでに「球界の盟主」とはいへない巨人軍ですが、積年の体質といふものはさう簡単に変るものではないと感じます。杞憂ですか。
プロ球界に少しでも興味のある人なら、一気読みするでせう。著者の語りつぷりも、熱い。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

倫敦! 倫敦?


倫敦!倫敦? (岩波文庫)倫敦!倫敦? (岩波文庫)



商品詳細を見る

倫敦!倫敦? 
長谷川如是閑【著】
岩波書店(岩波文庫)刊
1996(平成8)年5月発行


長谷川如是閑は昭和・戦後まで活躍した人ですが、明治期の人といふ印象が強いのであります。
その明治末期に、大阪朝日新聞の特派員としてロンドンを訪れた時の記録でございます。
同時代に英国留学をした人物としては夏目漱石が有名ですが、彼はロンドンに馴染めなかつたやうで、ノイローゼといふか神経衰弱といふか、どうやら心をやられてしまひ無念の帰国をするのでした。

それに比して長谷川如是閑の活き活きとした様子はどうでありませうか。外国の情報などは、今とは比較にならぬほど乏しい時代なのに、大ロンドンでも気後れすることなく堂々としてゐるではありませんか。
好奇心旺盛で、何にでも興味津々なジャアナリストの姿が浮かんできます。一応社命として派遣されてゐるのですが、義務感などはいささかも感じられず、嬉々としてロンドンの日々を過ごしてゐるやうです。
そして、皮肉なユウモアや諧謔精神が全編を貫く。そもそも『倫敦!倫敦?』といふタイトルからしてさうであります。関係ありませんが、ロンドングループのTVCFを想起させますね。(楽しいロンドン、愉快なロンドン...)。

ロンドンでの体験のみならず、日本から往復する様子も巻末に記されてゐます。(「倫敦まで」「生駒にて」「帰路」)。シベリア鉄道での往路ではロシア人やウラジオストックの町の独特な観察が披露され、帰路のシンガポールでは「月並の智識として落としてはならぬものが五つある」として、水上の家・ジョホール・植物園・ライスカレー・日本人遊郭を挙げてゐます。また香港では東洋の果てに来たのにいまだ英国の警察権を脱することが出来ぬとして忌々しいと語ります。
深刻な筆致ではなく、やはり笑ひを誘う書き方なので読者の頬もゆるむのでした。

まだ洋行がごく限られてゐた時代に、これほど上等のルポが残されてゐたのか、といふ嬉しい驚きを感じました。しかもロンドンに滞在してゐた期間は、どうやら半年にも満たないやうです。この短期間にかくも的確なる文明批評をものしたと知り、二度びつくりと申せませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

独断流「読書」必勝法


独断流「読書」必勝法 (講談社文庫)独断流「読書」必勝法 (講談社文庫)



商品詳細を見る

独断流「読書」必勝法
清水義範【著】
西原理恵子【絵】
講談社(講談社文庫)刊
2009(平成21)年5月発行


清水義範氏が古今東西の名作を語ります。
取り上げてゐるのは、誰もが少なくともタイトルくらゐは耳にしたことがある作品ばかりのではないでせうか。読んでゐるかどうかは別にして。私の場合、読んだことがあるのはざつと見て3分の1くらゐです。
名作といへども、必ずしも手放しで絶賛する訳ではありません。突つ込みどころは満載で、それが却つて読書欲を書き立ててゐるのが面白い。そんなに変な小説なら読んでみようか、といふ感じ。

絵を担当する西原理恵子さんは、基本的に本文に沿つた、あるいは関連する内容のカットを描きます。当然ではないか、と普通なら思ふのですが、彼女の場合さうとも言へないところが面白い。本書でも『ハムレット』ではとことんシモネタだし、『嵐が丘』ではiPodを買つたとかの近況報告に徹してゐました。
『ロビンソン・クルーソー』では「私は子供のころからこのロビンソン・クルーソーと十五少年漂流記が大っきらい」と切捨て、『細雪』では「今回は読まずにかく」「清水このケンカ買うたる」とぷんぷんし、言ひたい放題であります。やはりこの二人は噛合つてゐないやうで、実は名コンビなのでせう。

第1巻から第19巻までは基本的に1作づつ紹介してゐますが、最後の第20巻-第22巻は特別講座で、それぞれ「読書の秋におすすめの十編」「泣ける話に四苦八苦」「王道ミステリーの楽しみ」といふテエマになつてゐます。私としては、本編よりもこちらの方が興味深く、清水氏も伸び伸び書いてゐるやうに思はれます。室生犀星『蜜のあわれ』なんて、すぐに注文したくなりました。まだしてないけど。
やはり本書は清水氏のエッセイと、西原さんの突つ込みを楽しむ本で、自分の読む本はやはり自分で見つけたい、と再認識したのでした。『蜜のあわれ』は読みたいけど...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい


白川静さんに学ぶ漢字は楽しい (新潮文庫)白川静さんに学ぶ漢字は楽しい (新潮文庫)



商品詳細を見る

白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい
小山鉄郎【著】
白川静【監修】
新潮社(新潮文庫)刊
2009(平成21)年11月発行


 漢字とわたくし
幼時よりなぜか漢字に親しんでゐたわたくしは、小学校入学前に小2までに習う漢字をほぼ覚え、小学1年生の終りには、小学校で学ぶ漢字はおほむねマスタアしてゐました。「すごいねー」と周囲が褒めるので、わたくしはたちまち天狗になり、親は「神童か!」と期待した模様です。もちろんさういふことはございませんでした。結局「二十歳過ぎれば只の人」どころか、極端な慇懃無礼さをもつ、いびつな人間になつてしまひました。
ま、それはともかく、漢字好きのわたくしは、プライヴェイトで文章を書く時は可能な限り漢字を駆使するやうになりました。常用漢字など糞喰らへ。現在はまた考へが変つてゐます。大人になつたといふべきか。この文章も漢字が少ないですね。若いころのわたくしには考へられない文章と申せませう。
漢字は元来すこぶるシステマチックなものであります。法則性に気付くと面白く感じます。新字体ではピンと来ない部分もあるのですがね...

『白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい』は、タイトル通り白川漢字学のさはりを楽しめる書物であります。
例へば「辛」といふ漢字。つらいとか、からいなんて読みますな。音読みはシン。この辛さは、元々入墨を入れるときの痛みを表してゐるさうです。
「辛」と「女」を組み合わせて「妾」。額に入墨をされた女性のことだといふことです。
「妾」の男性版が「童」。受刑者として入墨をされたので、「奴隷」「しもべ」の意を持つ。その労働歌が「童謡」。現在と違ひ子供の歌ではなく、恐れられたのであります。

こんなふうにテムポよく漢字の謎を解き明かしてくれます。快感であります。
頭から通して読んでもいいし、気になる漢字から見てもいいでせう。
比較的新しい本なので、入手も容易であります。良いことづくめなので、興味を持つた方は是非どうぞ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ダイヤに輝く鉄おとめ


ダイヤに輝く鉄おとめダイヤに輝く鉄おとめ



商品詳細を見る

ダイヤに輝く鉄おとめ
矢野直美【著】
JTBパブリッシング刊
2010(平成22)年2月発行


JTB時刻表にて現在も連載中の「鉄おとめ」です。
JTB時刻表は毎月購買してゐますので、「鉄おとめ」も連載第一回から読んでゐます。ゆゑに単行本となつた時も、まあいいかと看過してゐました。
しかし書店にて偶然見つけてしまひ、ふらふら購買してしまつた次第であります。

B6の可愛らしいサイズになつたので、とても読みやすくなつてゐます。本誌では分厚いB5版で重いので机に広げて読んでゐたのが、手に持つて読めるのがいい。
男中心社会である鉄道業界で奮闘中の女性に注目し、写真とインタビュー記事で構成してゐます。「鉄道アイドル」木村裕子さんや和歌山電鐡の猫駅長「たま」(♀)も取り上げられてゐるのはご愛嬌でせう。

名鉄の女性車掌の方が話すやうに、内外に偏見や差別があり苦しんだこともあると想像されます。しかし本書の鉄おとめたちは、さういふ陰の部分を感じさせずにまことに爽やかでかつこいいのであります。矢野直美さんは、「水面下の白鳥」と表現しました。
「水上では軽やかに優雅に泳いでいる白鳥も、水面下では忙しく足を動かしている。」(「あとがき」より)
夢のために、決して楽な道を選ばなかつた彼女たち。自堕落な我が身が恥づかしくなるのでした。

単行本ならではのメイキングや裏話、担当編集者たちの証言、コラム、鉄おとめを目指す人のためのガイダンスなどが詰まつてゐます。相変らず写真がキレイで、何度見ても飽きません。
本誌ではまだ連載中であります。第2弾が出るかどうか分かりませんが、期待しませう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

ウルトラマン誕生


ウルトラマン誕生 (ちくま文庫)ウルトラマン誕生 (ちくま文庫)



商品詳細を見る

ウルトラマン誕生
実相寺昭雄【著】
筑摩書房(ちくま文庫)
2006(平成18)年6月発行


表紙のウルトラマンがカツコイイのであります。思はず手にとり購買すると、内容は『ウルトラマンのできるまで』『ウルトラマンに夢見た男たち』の合本でした。道理で分厚い本である。いづれも「ちくまプリマーブックス」として刊行されたものであります。
年少の読者を想定して書かれてゐるので、まことに丁寧な記述となつてゐます。
実相寺監督が亡くなつてもうすぐ4年になろうとしてゐますが、生前は私にとつてあまり関心のある存在ではありませんでした。ちよつと独りよがりが過ぎるといふか、観客が観たい映像よりも自分が作りたい映像を優先させる印象があつたのです。

本書からひとつ例をあげませう。
当時(1960年代)、特撮の世界に飛び込む人は、大なり小なり円谷英二に憧れを抱いてゐました。実相寺氏も同様で、円谷英二氏が常にスタッフに説いた言葉を紹介してゐます。

「きたならしいものはだめだよ。見ていてヘドの出るようなものや、残忍なものや、暴力だけがまかりとおるものや、気持ちのわるいものや、血まみれを売りものにするようなものはね」
「やはり見終わって夢が残るものじゃなきゃだめだよ。きたならしいもの、目をそむけちゃいけない現実、社会問題、......それは別のリアリズム映画がやってくれる。特撮っていうのはね、だれもが見たくても見られない光景や視点をつくりだすためにあるんだよ。どんな巨大な怪獣を出そうが、ミクロの細菌の世界に潜入しようが、日ごろ見られない夢を見せるようにしなきゃだめなんだよ」

すばらしい言葉。ところが円谷英二の薫陶を受けながら、実相寺氏は怪獣デザインに関して、成田亨氏に次のやうに依頼します。

「見るだにおぞましいもの。日曜の七時という一家団欒の時間に茶の間の受像器が怪獣をうつしたとき、思わず箸の手がとまるといった、生理的ないやらしさを表現してほしい」

全然分つてゐないではありませんか。ところが成田亨さんはさすがに円谷氏の思想を理解してゐたため、依頼通りには作らなかつたのであります。実相寺氏はそれを怨んでゐたとか。詮無い人だなあ。

と思つてゐたら、本書では自分の思ひ込みが間違つてゐたことに気づいたと語つてゐます。どうやら成田氏に説教(?)されたやうです。もつと早く気づいてゐたら、スペル星人の悲劇は避けられたかも知れません。
ま、さういふ感じで、本書は断片的ながら、一種の円谷英二論としても読むことが出来ませう。多分特撮に詳しすぎる人にとつては、物足りないでせうが、普通の人には1960-70年代の特撮事情が分つて面白く読めるでせう。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

指揮のおけいこ


指揮のおけいこ (文春文庫)指揮のおけいこ (文春文庫)



商品詳細を見る

指揮のおけいこ
岩城宏之【著】
文藝春秋(文春文庫)刊
2003(平成15)年1月発行


「週刊金曜日」での連載以来の再会であります。
『男のためのヤセる本』で、岩城宏之さんの文章の面白さを知つた私でしたが、この『指揮のおけいこ』を通して読むのは初めてでした。
読者を生徒に見立てて全17レッスン(おけいこ)の講義(?)が展開されます。

指揮者といふ存在は過大評価と同時に過小評価されてゐると著者は言ひます。それはどういふことかといふと、まるで理解されてゐないといふことであります。で、素人にも分かるやうに指揮者の生態を解説するのであります。それは良いのですが、諧謔精神に満ち満ちてゐるので、どこまでが冗談なのか本当なのか良く分かりません。
指揮棒はなくても何とかなるとか、若い頃レコードに合せて棒振りの練習をしたとか、ステージでは2センチ高い靴を履いてゐるとか、隠したくなるやうな事も開陳してゐます。私ら門外漢には意外な話ばかりで、声を出して笑つてしまふ。同時に指揮者を目指さうとする人たちには、勇気を与へる内容ではないでせうか。

その岩城さんが逝つて早4年。もう新しい文章は読めないと思ふと、残念であります。



ここで、前回大予言者の秘密 易聖・高島嘉右衛門の生涯について訂正といふか補足。
私がとりあげた角川文庫版は確かに絶版でありますが、実は昨年に光文社文庫から『「横浜」をつくった男―易聖・高島嘉右衛門の生涯』と改題された上で復刊してゐました。こちらは容易に入手できるのであります。
ま、どうでもいい情報でせうが、自分としては気になつてゐましたので、これですつきりしました。では。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

大予言者の秘密 易聖・高島嘉右衛門の生涯


大予言者の秘密 

大予言者の秘密 易聖・高島嘉右衛門の生涯
高木彬光【著】
角川書店(角川文庫)刊
1982(昭和57)年3月発行


本書を読む前の段階での、私の高島嘉右衛門に関する知識は、
・何だかすごい占い師である。
・横浜の高島町はこの人の名前から付けられた。
といつたところで、あまり詳しく知るところではありませんでした。

最初に高島嘉右衛門の名を見たのは、1970年代。あの五島勉著『ノストラダムスの大予言』がブウムになつてゐて、それに対する批判本『ノストラダムス大予言の秘密』の中であります。
この本の著者も実は高木彬光氏。五島氏は、どこからはじき出したのかノストラダムスの予言的中率を99%とし、「神か悪魔か」と祭り上げてゐるが、牽強付会ぶりがはなはだしいと高木氏は主張するのであります。
そして日本にも彼に比肩し得る大予言者はゐるとし、「出口王仁三郎」「高島嘉右衛門」の名を挙げてゐたのでした。そして本書につながるのであります。

財界人としては数々の起業に成功し、横浜市の発展に寄与したといふことですが、歴史の表舞台には出ないやうに意識して行動してゐたのでせう。名誉欲とは無縁だつたのか。
そして私財を惜しむことなく公共の事業のために差し出す。金銭欲も薄いやうです。そんな人は存在するのかと突つ込みたくなりますが、希代の易断家ともなると凡人には理解できぬこともあるのでせう。
ところで毎年「高島易断」の冠をつけて発売される「暦」の数々。あれらはほとんどがニセモノといふか、高島嘉右衛門とは関係ないのださうです。怪しからぬ話であります。

伊藤博文の暗殺と、その実行犯の名前の一部を予言したのは有名ですが、これは数多い彼の予言のひとつに過ぎません。本書にはもつとすごい予言が紹介されてゐますよ。といつてもあまり手軽に入手できませんが...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

時刻表ファン1000万人の“発見”


時刻表ファン1000万人の“発見” (マイロネBOOKS)時刻表ファン1000万人の“発見” (マイロネBOOKS)



商品詳細を見る

時刻表ファン1000万人の“発見
グッたいむ研究会【編】
JTB(マイロネブックス)刊
2002(平成14年)6月発行


JTB時刻表には読者参加のページとして、巻末の「たいむたいむてぇぶる」、記事欄外のはみ出しコーナー「グッたいむ」があります。
前者はまあ普通の読者投稿ページ。一方「グッたいむ」はせいぜい50-100文字程度の、自由投稿欄。もう20年を越える歴史があるのです。
で、本書はその「グッたいむ」を中心に編まれたアンソロジイとでも申せませうか。

「グッたいむ」誕生のきつかけは、当時の編集長が上層部から「少ないコストで」「さらなる品質向上」、即ち金をかけずに部数を増やすアイデアを求められたことであります。編集長は悩んだ末、情報誌「ぴあ」の1行記事にヒントを得てスタアトさせたといふことです。最初は編集部内で反対意見が多かつたさうです。
ところが、いざ始まつてみると好評で迎へられ、使用ページ数はどんどん増えていきました。後ろの「大阪近郊区間」のページから前のページへと進出してゆくのですが、最盛期は「飯田線」まで進入したさうですが、私は覚えてゐません。その頃はすでに「JTB時刻表」を毎月定期購読してゐたのですが。
現在はかなりその規模は縮小されてゐて、「東京近郊区間」でもう終了してしまひます。北海道にすら行着けません。寂しいのであります。投稿が激減したのでせうか。

はみ出し情報といふ触れ込みでしたが、観光地やきっぷ、列車のまじめな情報はあまり面白くない。どうでもいい情報の方が心に残ります。例へば
「名鉄美濃町線新関駅付近で見た看板。「線路内で耕作しないでください」。多分、この実例があったと思われる」
「徳島中央公園にあるトイレの入り口の「殿方」「婦人」の表示は阿波踊りをしている。」
「滋賀の江若バスには「途中」というバス停があります。ここが終点です。」
あるいは、失敗談や、今でいふtwitterみたいなつぶやきが満載であります。ちなみに2010年7月号には「似て非なるもの。ハクビシンと伯備線」なる投稿があつて、かういふのは何となく好きであります。

お前の説明では分からん、といふ方は本屋で「JTB時刻表」を立ち読み(買つてもいいけど)してみてください。
しかしこんなのが本になるとは...冗談みたいですね。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。