スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲンスブールまたは出口なしの愛


ゲンスブールまたは出口なしの愛

ゲンスブールまたは出口なしの愛
ジル・ヴェルラン【著】
永瀧達治/鳥取絹子【訳】
マガジンハウス刊
1993(平成5)年7月発行


セルジュ・ゲンスブールの本格的評伝であります。早いもので、彼が世を去つてからもう19年になるのですねえ。
著者のジル・ヴェルランといふ人はパリで活躍する、ベルギー人の音楽ジャーナリストださうです。
しかしどちらかといふと、音楽的側面よりもゲンスブールの人間性により多くの記述を割いてゐます。おびただしい数の人物にインタビューを重ね、その証言を中心に構成されてゐるのです。

セルジュと関りの深かつた女性たち、とりわけブリジット・バルドーとジェーン・バーキンの話は興味深い。最後の女性・バンブーもちよつとだけ登場しますが、愛娘シャルロット・ゲンスブールのインタビューらしきものがなかつたのは残念でした。

セルジュの魅力は今更述べるまでもありませんが、一般的には「才能はあるが、反社会的な言動で周囲を困らせた不良おやぢ」といふ印象でせうか。つまり人間性に問題ありと。
ところが本書を読むと、彼は実にはにかみやで、周囲に気を遣ふ部分があることがわかります。仕事に対しては、その結果の責任を負ふ姿勢がある。仕事にかかるまでは怠け者なのですが。可愛いところがあるぢやないか! 実際に私生活や仕事上で彼に接した人たちが証言するのだから、説得力があります。我々外野がブーブーいふことはない。本書を読みながら改めてCDを聴いてみると、その悪たれぶり、挑発もいとほしい。
ま、現実にセルジュのやうな男がそばにゐたらやはり困るでせうが...

今回は、この本をお薦めするといふよりも、セルジュの音楽を聴いてくださいといふのが本音と申せませう。一度カブレると、中中大変ですがね...

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

セルジュ・ゲンズブール 
半年前に失業して、ホームレス一歩手前です。みたいな顔してますね。
伸ちゃんの部屋で聴いたのは「星からの悪い知らせ」だったか、「囚われ者」だったか・・・。

シャルロット・ゲンズブールも最近久しぶりにCDを出しました。
アメリカ人歌手のBECKと組んでLA録音、歌も大半が英語でした。

繊細といえば繊細、退屈といえば退屈。

Re:ラヴ・オン・ザ・ビート

こんばんは。
「囚われ者」のジャケットは、完全に指名手配写真ですね。
結局あれが最後のスタジオアルバムになってしまひました。

> 伸ちゃんの部屋で聴いたのは「星からの悪い知らせ」だったか、「囚われ者」だったか・・・。

「フライ・トゥ・ジャマイカ」「星からの悪い知らせ」のレゲエアルバムを繰り返しかけてゐましたね。今でも脳内では「国際電報」のリヅムが...
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。