スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特急北アルプス殺人事件


特急北アルプス殺人事件 (中公文庫)特急北アルプス殺人事件 (中公文庫)



商品詳細を見る

特急北アルプス殺人事件
西村京太郎【著】
中央公論新社(中公文庫)刊
2001(平成13)年7月発行


また悲しい知らせを聞いてしまひました。といつても大多数の人にとつてはどうでも良い事でせうが。
福島県に本社を置く第三セクタア鉄道会社「会津鉄道」といふのがあります。かつての国鉄会津線。 ここで活躍してゐる、キハ8500系といふ気動車(ヂーゼルカーのこと)がありますが、どうやら間もなく姿を消すやうであります。ああ。
この車両、元は名鉄特急「北アルプス」として走つてゐたのです。「北アルプス」としては2代目の車両で、初代はキハ8000系といふ気動車が使はれてゐました。国鉄~JR高山線に毎日乗り入れてゐたのです。

ちよつとおさらひをしませう。JR東海としては、当時特急「ひだ」を、キハ80系なる一時代を築いた気動車で運行してゐたのですが、老朽化のためキハ85系といふ新車を投入しました。さうなると名鉄のキハ8000系がかなり見劣りしてしまふので、こちらもキハ8500系を新造し、置換へたのであります。
しかし「北アルプス」は名鉄の特急なので、JR線内では思ふやうなダイヤで走れず、「ひだ」の引き立て役になつてしまつた。そんなこんなで乗客も減り、名鉄も手のかかる気動車を手放したいとJR線から撤退を決めました。
ところがキハ8500系はまだ車歴は浅いので、会津鉄道に売却してしまつたといふ訳です。

会津鉄道では「AIZUマウントエクスプレス」なる愛称を与へられたのですが、用途としては、もつぱら快速や各駅停車に駆使されてゐました。何ともつたいない! 宝の持ち腐れとはまさにこのことでありませう。私は泣きたくなりましたよ。そしてこのまま引退か...より車歴の古いキハ85系はまだバリバリで活躍してゐるといふのに(そしてそれ以上の性能を有するのに)何と非情な。ほとんど持てる力を発揮出来ずに終らんとしてゐる彼の人生とは一体何であつたか...私は一掬の涙を禁じえないのであります。

さて『特急北アルプス殺人事件』は、まだキハ8000系時代の物語です。一応ミステリーなので内容は書きませんが、アリバイを崩す決め手が「そんな事あり得るのか?」と突込みたくなるやうなことでした。私たちは微苦笑しながら読み進めるのが、正しい態度と申せませう。しかし、駅員のせりふで、キハ8000系はキハ80系を参考にしたといふのは違ふでせう。参考にしたのはキハ58ですね。「北アルプス」は準急→急行→特急と出世してきた列車ですが、その間車両は一貫してキハ8000系でした。特急に格上げした時、キハ80系なみの「ヒゲ」が付きました。どうでも良い情報ですね。

再度いふ。本書は微苦笑しながら、最後まで読むのが正しい読書法でございます。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。