スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語入試問題必勝法


国語入試問題必勝法

国語入試問題必勝法
清水義範【著】
講談社(講談社文庫)刊
1990(平成2)年10月発行


私は清水義範さんの小説が大好きなのです。初めて読んだのがこの『国語入試問題必勝法』で、たちまちファンになり、『バールのようなもの』で決定的にのめりこんだのであります。
本書のハードカバー版が出たのは1987(昭和62)年ですが、その翌年私は書店員になつてゐます。
まだ新人の私は、本書を何の疑ひもなく「学習参考書」の大学入試コーナーに陳列してしまひました。だつてさう思ふぢやないですか。違ふ?
店長からは、嫌味を言はれてしまひます。
「ふうーん。君はギャグのつもりでわざとやつたんだよね? なかなか大したもんだ...馬鹿野郎!これは小説だア!」
少し切ない思ひ出です。

7編の短編が収められてゐます。表題作ももちろん面白いですが、『猿蟹合戦とは何か』の最後、「わたしの表記法について」には爆笑しました。大胆にも丸谷才一氏の『忠臣藏とは何か』をパスティーシュしてゐます。そのせいか文庫版解説を丸谷氏当人が書かれてゐます。丸谷氏の若い友人の意見では、『猿蟹合戦とは何か』は清水義範の最高作だ、みたいなことを述べたやうですが、丸谷氏は「首肯しかねるのだ」「からかはれてゐる当人なのだから、どうも何となく釈然としないのである」...
これまた笑へますね...

*入手難度・・・★★☆☆☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。