スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心にナイフをしのばせて


心にナイフをしのばせて (文春文庫)心にナイフをしのばせて (文春文庫)


商品詳細を見る

心にナイフをしのばせて
奥野修司【著】
文藝春秋(文春文庫)刊
2009(平成21)年4月発行


1969(昭和44)年に起きた、川崎高校生猟奇殺人といふ事件を取材したノンフィクションであります。この事件は、1997(平成9)年に発生した「酒鬼薔薇」事件と情況が良く似てゐるといふことで注目されたのださうです。
奥野修司氏は被害者の母親に取材しますが、母親は事件の直後からの記憶が飛んでゐたのです。それを被害者の妹から教へられるまでは、何度も母親に取材しては記憶の飛んだところを聞き込んでゐたので、かなり遠回りをしてしまふのです。それで、妹への取材が中心になり、彼女のモノローグ形式でルポが進むのであります。

事件後の遺族は、からうじて崩壊を免れてゐる状態だつたといひます。会話も笑顔もなくなり、ただ同じ家で生活するだけの日々。口を開けば「あの事件」のことに触れるのが恐ろしかつたからです。父親が壊れることなく、何とか持ち堪へたのが一家を最悪から救つた要因だらうと妹は語ります。
殺人事件の被害者遺族は、時間とともに事件について向き合へるやうになつていくのか。悲しみや怒りは薄れていくのか。本書を読む限り、それはやはり無理なやうです。何十年経つても傷は癒えることはないのでせう。

一方で犯人の元少年は、その後名前を変へ社会復帰して弁護士になつたとか。しかし遺族に対する謝罪はつひになく、それどころか電話で被害者の母親に暴言を吐いたさうであります。
加害者は少年法に守られてゐる一方、被害者に対するケアは何もない。

「一人の命を奪った少年が、国家から無償の教育を受け、少年院を退院したあとも最高学府にはいって人もうらやむ弁護士になった。一方のわが子を奪われた母親は、今や年金でかろうじてその日暮らしをしている。にもかかわらず、弁護士になったAは慰謝料すら払わず、平然としているのだ。」(本書より)

肝心の被害者の人権が守られない国であることを露呈したこの事件。被害者遺族や関係者は、取材当初はおそらく「今さらほじくり返して欲しくない」と考へたでせう。しかし日本の法曹界を変へるきつかけとなつた本書が書かれ、多くの人の目に触れたといふ事実は、著者の執念の賜物ではないでせうか。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。