スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定刻発車 日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?


定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)定刻発車―日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか? (新潮文庫)



商品詳細を見る

定刻発車 日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?
三戸祐子【著】
新潮社(新潮文庫)刊
2005(平成17)年4月発行


発売時に評判になつてゐたのは知つてゐましたが、今回初めて読んでみました。
予想以上の面白さと申しませうか。サブタイトルの通り、日本の鉄道が正確に動く理由は何かを考察した一冊でございます。
ヨーロッパあたりの鉄道でも、定時運転率は9割くらいで、一見日本と変らぬやうに見えますが、「遅れ」の定義が各国で違ふので、内実は大きく異なつてゐるさうです。フランスの超特急TGVの場合、14分以上遅れなければ定時運転としてゐるといふことです。日本では1分以上をすべて「遅れ」としてゐるので「世界で最も正確」の称号も頷けるところです。

日本の鉄道が正確である背景として、日本の地形の特徴や都市の点在ぶり、さらには参勤交代といふプロジェクトですでに日本人は「ものごとをつつがなく進行する」風習があつたと指摘します。ここまでさかのぼるとは思ひませんでしたね。
世界でも珍しい「電車王国」となつたことも一因でせう。ここでいふ「電車」とは、文字通りの電車ですよ。
「運転の神様」「奇行の人」結城弘毅の影響も示唆してゐます。この人は昭和5年といふ早い時期に、超特急「つばめ」を走らせて世間をあつといはせたことで有名ですね。当時11時間かかつてゐた東京-神戸間を、3時間短縮して8時間運転とする、と発表した時は皆が信じられず山師扱ひされたとか。(実際には2時間40分短縮の8時間20分運転。)

新宿駅みたいな巨大ターミナルがあると、定時運転せざるを得ない。また、遅れてもそれを取り戻せるシステムについて、噛んで含めるやうに説明してくれます。欧米と比べて駅設備などシステムに余裕のない日本だからこそ、遅れない鉄道を作らざるを得なかつたといひます。
しかし余裕のない現状のままでいいのか、著者は疑問を呈してゐます。線路設備を欧米並みにすることは無理としても、悲観することはないと提言するのでした。
「何が最適なストックであるかは、国や社会によって違うし、余裕というものは技術が発達すれば増えるものだからである。それにいつも列車が時刻表通りでなくとも「何とかなる」ように、社会の方が変わってゆく可能性もあるように思うのである」(第12章)

礼賛一辺倒ではなく、「鉄道員や乗客の犠牲の下に成立してきた側面は否定できない」と問題点を指摘し変革を求めます。やはり何でも「問題」と感じることができないと改善につながりませんね。私などは鉄道を利用しても、うん、時刻表通りだね、結構結構と満足して終りなのですから。
本書の執筆後に、あの福知山線脱線事故は起きてゐます。やはり余裕のなさが鉄道員たちを追ひつめてゐたのでせうか。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。