スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆命利君


新装版 逆命利君 (講談社文庫)新装版 逆命利君 (講談社文庫)



商品詳細を見る

逆命利君
佐高信【著】
講談社(講談社文庫)刊
2010(平成22)年7月発行


かつて「週刊サタカ」といはれるほど著書を出しまくつた佐高信氏。その分似たやうな話とか、主張のダブリなんかもあつたのですが...
私の好きなのは本書『逆命利君』や『良日本主義の政治家』みたいな評伝もの、『失言恐慌』のやうなビジネスノンフィクションであります。筆刀両断も良いのですけどね。
本屋のレヂで顔見知りのおねいちやんが「サタカ好きなんですか? 私のお兄ちやんも好きなんですよ!」と訊かれもしないのに情報提供したり。今でも読者は多いのですね。

逆命利君とは、「命に逆らいて君を利する、之を忠と謂う」を略した言葉であります。いはゆるイエスマンとは対極の概念ですな。これを地で行つたのが本書で語られる、住友商事の故・鈴木朗夫氏であります。
この鈴木氏は凡そ日本のサラリーマン像とかけ離れた傑物と申せませう。1987年、56歳の若さで世を去つてゐます。
この人は「入社に際して誓約書を拒否」し、自分は仕事を売つてゐるのであり、時間を売つてゐないとして連日会社に遅刻して出社。役員から「就業規則違反だ」と詰め寄られると、「就業規則には遅参したら遅参届を出せとあるので、ちやんと出してゐる。違反はしてゐない」と反論したと言ひます。
もちろんスーダラ社員ではありません。「住商に鈴木あり」とまでいはれた有能な商社マンで、いづれ住商のトップに立つだらうと目されてゐました。

上司に苦言を呈する。サラリーマンなら中中勇気が要ることでせう。実際「逆命利君」なぞと気取つたところで、それを受け止める上司がぼんくらでは虚しいものであります。
その点、鈴木朗夫氏には、のち社長となる伊藤正氏が存在したことが幸福でした。佐高氏によると、この両者はまつたくの正反対の性格・性癖・生活スタイルなのださうです。しかし伊藤氏は鈴木氏を認め、そのやんちやぶりにてこずりながらも信頼してゐたのです。並みの人なら認めるどころか排除されてゐたでせう。

元々住商にはかういふ個性的な人物を輩出する土壌があつたと著者は述べます。別の会社だつたならば鈴木氏は直ぐに辞めてゐただらうと。
即ちさまざまな条件が重なつて、鈴木朗夫といふ人物はその能力を開花できたと申せませう。有名な財界人の評伝も良いですが、歴史に埋もれてしまふであらう人物を発掘した佐高氏には感謝であります。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。