スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津軽通信


津軽通信

津軽通信
太宰治【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1982(昭和57)年 1月発行
2004(平成16)年10月改版


本日6月13日は太宰治の命日となつてゐます。ちなみに「桜桃忌」は6月19日で遺体が発見された日ださうです。その日は偶然にも誕生日と重なつたこともあり、19日を記念日としてゐるのでした。
それにしても、今年は生誕100周年で、太宰作品がいくつも映画化されますが、興行的に大丈夫なのでせうか。聞いたところでは、『ヴィヨンの妻』『斜陽』『パンドラの匣』そして『人間失格』...
うまく映像化できるのか、心配になるやうな作品ばかりですね。新聞記事で読んだところでは、『人間失格』は最後が余りに陰惨なので、映画では救ひのあるラストシーンに変へるとか。映画は原作に忠実に作る必要はないけれど、それはちよつと違ふのではないかな...ま、公開は来年らしいので、のんびり待つとしませう。

この『津軽通信』は、それまでの新潮文庫版に未収録の短編が収められてゐます。作風もいろいろ変化に富み、太宰作品としては傍系に属すると思はれる作品群ですが、まことに興味深い1冊であります。志賀直哉に酷評された『犯人』も収録されてゐます。志賀の批判は当つてゐないと存じますが、少し読むのは辛いですね。完成度は高いと思ふけれど、最後の落ちも含めて、救ひがないといふか、ハードボイルドである。
それでもなほ、本書は読んで欲しい1冊。ある意味、太宰の長編・中篇数冊分の精粋を含んでゐます。よろしく。

*入手難度・・・★★☆☆☆

にほんブログ村 本ブログへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。