スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普及版 世界文学全集 第Ⅱ集


世界文学全集 第2期 普及版 (集英社文庫)世界文学全集 第2期 普及版 (集英社文庫)



商品詳細を見る

普及版 世界文学全集 第Ⅱ期
清水義範【著】
集英社(集英社文庫)刊
1995(平成7)年9月発行


「モルグ街の殺人」...某文庫から出てゐた翻訳を思ひだします。その翻訳はまことに大時代的な言辞を弄し、原文に忠実すぎて何を言つてゐるのか分かりにくく、高名な翻訳家から「欠陥翻訳」であると槍玉に挙がつてゐました。
清水氏の「モルグ街の殺人」は、そのまどろこしさまで感じられる作品になつてゐます。偶然かも知れませんが。

「三銃士」の樽谷安(たるたにあん)の物語も面白い。樽谷安の父は、作家を目指す息子に向つて訓示を与へます。

 「当節、作家は実入りのよい職業となり、その昔の貧乏文士はもはや伝説の存在、有名人よとおだてられ、望みとあればテレビに出まくり、小説に行きづまればエッセイと講演で何不自由なく暮してゆけるご身分なのだよ...」

現在の作家と呼ばれる人たちを風刺してゐますが、思はずさうさうと頷き、具体的に二人三人顔も浮かんできます。小説家は小説を書くものといふ清水氏ならではの記述と申せませう。

「二十世紀の文学」といふ大いに壮大なタイトルの作品があります。カフカやサルトル、カミュや魯迅などからジョイスにいたるまで、文字通り二十世紀の世界文学大会であります。十分面白いけれども、やはり原典を知つてゐれば尚楽しめるでありませう。

ほかに「ファウスト」「嵐が丘」「白鯨」「ボヴァリー夫人」「罪と罰」を収む。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近はなかなかお忙しそうですね。

三銃士 懐かしいです。
子供向けの文学全集(外国) ベニスの商人やオリバーツイストも、確かこれで初めて読んだはず。

主人公はダルタニアンなのに、なぜ題名は脇役(でもないか)の三銃士なのか、
子供心にちょっと悶々とした覚えがあります。
たしか、アトス・・・ あれ、他の二人の名前が出てまいりません。

Re: No title

kenさんこんばんは。

忙しくても仕事のデキル奴は時間を使ふのが上手なのですが、
無能な私はただ時間に追はれるだけ...ああ。

実は私も、三銃士は子供向けのリライトでしか読んでゐなかつたりして。
同じく、樽谷安、いやダルタニアンのほかは思ひ出せない...
名作シリーズで、ほかに「海底二万マイル」などがありました。
ノーチラス号を「ナウティルス号」と表記してゐたのを覚えてゐます。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。