スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

負けるのは美しく


負けるのは美しく (集英社文庫)負けるのは美しく (集英社文庫)



商品詳細を見る

負けるのは美しく
児玉清【著】
集英社(集英社文庫)刊
2008(平成20)年3月発行


今年5月に惜しまれつつ亡くなつた児玉清さん。こんな本を引つ張り出し哀悼の意を表するものであります。
児玉さんは東宝専属の俳優だつたのですが、東宝時代の出演映画は、わたくしあまり観てゐないのです。
せいぜい「電送人間」(冒頭のお化け屋敷の客で出てくる)、「悪い奴ほどよく眠る」、「日本海大海戦」くらゐですかな。無論追悼上映をしたのであります。イイ。

さて本書はその児玉清さんのエッセイ集。その文才については、今更わたくしが喋喋するまでもございますまい。そのたたずまひ同様、清冽で贅肉をそぎ落としたやうな文章ですね。同時に温かみを感じます。
東宝に入社するに至つた経緯の「母とパンツ」に始まり、屈辱の経験から俳優として見返してやらうと決意する「雑魚と雑兵」など、下積みの苦労を綴つた文章が多い。
また、共演の山茶花究さんや信欣三さんの意外な一面など、初めて知る秘話もあります。信欣三さんは面白すぎます。

最終章「天国へ逝った娘」では、36歳の若さで他界した娘さんのことを語つてゐます。
正直、涙なしには読めぬ辛い文章であります。それにしてもこの病院は酷い。児玉さんも言ふやうに、死期が迫つてゐる患者だからと気軽に人体実験まがひのことをしたのではないか。義憤を感ずると同時に、一般に病院とはかういふものかと恐怖も迫るのであります。
しかし、児玉さんも娘さんの元へ行く。きつと再会したであらうと思へば、救ひはあるでせう。

尚本書は、著者の没後に再び注目を浴びたやうですので、入手は容易と申せませう。では。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

子供たちが、読書感想文を書くために戦争に関係する本を読んでいたので、
では自分もと思い、「永遠の0」という小説を図書館で借りて読みました。

小説自体も非常に良かったのですが、あとがきが予期せず、児玉清さんによるものでした。
自分は児玉清さんにミステリーの面白さを教えてもらいましたが、こちらもステキなあとがきとなっていました。

児玉さんが「徹子の部屋」に出演された時に、亡くなった娘さんのことを語られたのですが、
ご本人が途中で嗚咽を漏らす場面があり、思わずもらい泣きいたしました・・・。

Re: No title

児玉さんは、多くの人に読書の面白さを伝へた「本の虫」でしたね。
何しろ若手俳優時代は仕事が無いのをあまり嘆かず、
本がたくさん読めて良かつたと言ふくらゐですから。
本好きぢやなかつたら、実は俳優としてもつと大成してゐたのかな、
なんて思はせるほどです。

「永遠の0」、わたくしも読んでみたくなりました。
kenさんがすすめるならば、期待出来さうです。いつも情報ありがとう。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。