スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも...あなたが外国人に「日本語を教える」としたら


もしも...あなたが外国人に「日本語を教える」としたら

もしも...あなたが外国人に「日本語を教える」としたら
荒川洋平【著】
スリーエーネットワーク刊
2004(平成16)年5月発行


もしあなたが、突然外国人に日本語を教へる必要にせまられたら...?
本書の前半は、かういふ場面に遭遇した3人のケースをそれぞれシミュレーションします。
主婦の平野さん、会社員の今井さん、大学生の河田さんの3人ですが、それぞれに工夫して、悪戦苦闘しながら自家製の授業をすすめていきます。すこぶるリアル。
平野さんと今井さんは何とか学習者の興味を惹かせてゐるけれど、河田さんは完全に失敗してしまひます。
失敗の原因はいろいろとありさうですが、その一つに成人学習者を子供扱ひする、といふ指摘があります。これは私も思ひ当るのであります。(私も個人的に日本語を教へたりする。)
外国人の、特に女性が舌足らずの片言日本語を話す様子は、まるで子供のやうに可愛いので、油断して当方も子供言葉になることがあります。これはいかん。ぐさりと来ました。

後半は理論篇でせうか。三大教授法なんてものを紹介してゐます。もつとも著者の荒川洋平氏が命名したもののやうですが。本書は言はば入門篇なので、サラリと触れてゐますが、まことに興味深いものがあります。
別段日本語を教へる機会がない人でも、語学に関心があるなら必読の書と申せませう。
一気に読めますよ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご紹介ありがとうございます

源氏川様
貴ブログでの拙著のご紹介、誠にありがとうございます。書き手は読者に育てられていくものと思っております。本書は続編もございますので、よろしければ図書館などで見かけられましたら、お目通しくださればありがたく存じます。
今般はありがとうございました。

Re: 恐縮です

著者ご本人からの投稿とは、光栄です。
とある書店で、日本語学習者のために教則本を物色してゐたところ、
偶然本書を見つけ、その場で購買即決しました。
以後実用でとても重宝してゐます。
続編もさつそく注文しました。ありがとうございます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。