スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脂肪のかたまり


脂肪のかたまり (岩波文庫)脂肪のかたまり (岩波文庫)


商品詳細を見る

脂肪のかたまり
ギー・ド・モーパッサン【著】
高山鉄男【訳】
岩波書店(岩波文庫)刊
1938(昭和13)年4月発行
1957(昭和32)年4月改版
2004(平成16)年4月改版


『脂肪の塊』といふ表記に慣れ親しんだ人が多いだらうと思ひますが、岩波文庫の新しい翻訳では『脂肪のかたまり』とひらがな表記になつてゐます。理由は知りませんが。
その脂肪のかたまりといふのは、この小説の登場人物である一人の娼婦のあだ名です。
フランス語で「ブール・ド・シェイフ」と呼ぶのを直訳したものですね。それにしてもあんまりなあだ名です。

その「ブール・ド・シェイフ」は乗合馬車で、6名のブルジョワジーと乗り合せます。皆俗物といふか、とにかくいやらしい人物として描かれてゐます。「娼婦」と乗り合せるなんて、何と汚らはしいことでせう、などと彼女に対する侮蔑を隠しません。
馬車は予定よりも大幅に遅れ、食事をする予定の土地までなかなか到着しません。皆が空腹で苦しんでゐる時にブール・ド・シェイフは、持参の食物を皆に与へて、刹那的な感謝を受けるのですが...

モーパッサンのブルジョワ嫌ひが実にストレートに表現されてゐますね。しかしブール・ド・シェイフのお陰で救はれたブルジョワどもが、最後に彼女に見せる仕打ちには腹が立ちます。彼女が屈辱に耐へられずすすり泣くラストシーンは、読後も心に残ります。夢に出てきさうな...
この救ひのなさを皆様にも味はつていただきたいと存じます。では。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。