スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の超特急 新幹線汚職事件


 

夢の超特急 新幹線汚職事件
梶山季之【著】
角川書店(角川文庫)刊
1975(昭和50)年6月発行


JR東海が計画してゐるリニア中央新幹線で、自治体側と揉めてゐたのが中間駅の建設費用問題でした。
品川・名古屋・新大阪以外の中間駅に関しては、JR東海は全額地元負担を求めてゐました。ま、沿線の人達には申し訳ないが、リニアは本来東京-名古屋-大阪の都市を最短距離で結ぶのが目的。中間駅を求める沿線自治体は、その線上にたまたま存在してゐただけなので、JRとしては中間駅はなくて結構といふ訳であります。ま、駅は作つても良いけどお金は出してね、との主張は首肯できると申せませう。

ところがJR側と地元の折衝がうまくいかない。要するに全額を負担するのは厳しいといふことですな。駅は欲しい、しかし金は出したくない。正直でよろしい。
このままでは交渉がさつぱり進まないとして、つひにJR東海は6000億ともいはれる建設費用を全額自己資金でまかなふと発表しました。大したものです。これで着工へ向けて大きな前進となります。

もつとも国土交通省の事情通にいはせると、このシナリオはJR東海の筋書き通りらしい。最初からJRの自己負担で建設しますと発表したら、駅の誘致運動が限りなく広がつて収拾がつかぬ事態になるので、かういふ形をとつたと。ふむ。
総工費は9兆円を越す壮大な事業。JRは民間企業になつたとはいへ、これは国家的大プロジェクトですよ。カネの動きが気になるところであります。

梶山季之『夢の超特急』は、サブタイトルにもありますやうに、東海道新幹線の建設にからむ巧妙な手口の汚職事件。当時の作家は、取材した成果を、小説といふ形で発表せざるを得ないことが多かつたさうです。松本清張氏もさうでした。ノンフィクションとして発表したいのは山山でありますが、さうすると嗅ぎ付けた権力者に潰されてしまふのであります。小説なら、これはフィクションだからと逃げることが出来ます。無論読者は分かつてゐます。
本文中には「新幹線」の文字はなく「東海道特急ライン」とされてゐます。用地買収にからむ土地も新横浜・新大阪がそれぞれ新神奈川・新淀川と変へてあるのですが、まあ読者には分かりますな。

ある不動産屋の不審な動きを捉へた捜査二課。そして失踪した女を追ふルポライター。両者の接点から、巨大汚職が明らかになるのであります。しかし相手はあまりにも大きな相手でありました。一枚も二枚も上手なのです。
終末の苦苦しさは、そのまま梶山氏の無念の思ひなのでせう。たとへフィクションの形をとつたとはいへ、ハッピイエンドで終らせる訳にはいかなかつたのだと推察するところであります。
残念ながら絶版。復刊希望。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

夏の花・心願の国


夏の花・心願の国 (新潮文庫)夏の花・心願の国 (新潮文庫)



商品詳細を見る

夏の花・心願の国
原民喜【著】
新潮社(新潮文庫)刊
1973(昭和48)年7月発行
2000(平成12)年4月改版


原民喜は1951(昭和26)年に、鉄道自殺を遂げます。鉄道自殺は一番迷惑な死に方と申せませう。絶対にいけません。
で、今年は没後60年であることに今さら気付き『夏の花・心願の国』を取り上げてみました。
大江健三郎氏編集の本書は、戦前(広島で被爆する前)の作品はすべて省かれてゐます。それにより、本書の方向性も一層はつきりしたのであります。流線型。

「Ⅰ」~「Ⅲ」の三つのセクションに分割されてゐまして、「Ⅰ」に収められたのは妻の闘病、そして死までを描く作品群。「Ⅱ」は、いはゆる「夏の花」三部作。そして「Ⅲ」は作者の忍耐と願ひが痛々しい最終期の作品たち。編集の妙であります。

被爆を描いた作品は他にもありますが、これほど作為を感じずに感動を呼ぶものを知りません。電車の中で読まうと名鉄豊田市駅から乗込み、夢中になつて憑かれるやうに読みふけりました。電車はそのまま地下鉄鶴舞線に乗入れ、上前津駅で乗り換える予定だつたのですが、はつと気がついたら既に大須観音駅に到達してゐました。こんな経験は初めてであります。

作者はとにかく耐へてゐます。「鎮魂歌」の切なる祈りには心揺さぶられずにゐられないでせう。そして公開遺書の様相を呈する「心願の国」...実は精神的に強い人であつたと思はれます。被爆を体験した作家としての義務感が、創作の支へになつてゐたのでせうか。

本作は決して古典の棚に収められるものではなく、今でも我々の世界に問ひを発してゐるやうです。
一読して震へが来ますよ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

怪盗ジバコ


怪盗ジバコ (文春文庫)怪盗ジバコ (文春文庫)



商品詳細を見る

怪盗ジバコ
北杜夫【著】
文藝春秋(文春文庫)刊
2009(平成21)年4月発行


『クレージーの怪盗ジバコ』といふ映画は、30本に及ぶ東宝クレージー映画の中で、唯一原作のある作品であります。ジバコに扮した(?)植木等さんの、例のウヒャヒャといふ高笑ひ。翻弄されるハナ肇・谷啓。
すでにクレージー映画としては峠を越ゑたといはれる時期の作品で、小林信彦さんなどは酷評してゐます。
無責任=植木のイメエヂを追うとさういふことになるのでせうが、むしろ「ハナ肇とクレージーキャッツ」といふグループのアンサンブルを愉しむべきでありませう。原作小説とはかなり印象が違ひます。

北杜夫氏の『怪盗ジバコ』は、元来1967(昭和42)年に発表されたユウモワ小説なのですが、2年前に文春文庫で復刊されたのであります。
ジバコは希代の怪盗であり、本名年齢素顔全く分からず、変装の名人でもあります。盗みはするが、あこぎな仕打ちはせずに、むしろユウモワを感じさせる余裕の盗みをするのでした。
明智小五郎くんと対決し、ジェームズ・ボンドを赤子の手をひねるようにあしらふ。超人であります。

上質な娯楽小説となつてゐますが、気になるのは、復刊された現代の読者の目にはどう映るのか、といふことであります。
遠藤周作氏のいふやうに、いつの頃からかユウモワは軽んぜられてゐるやうです。お笑ひと称するものは人気があるやうですが。
何かと強い刺激に慣らされた現代人には「ユウモワ」を解することが出来るか...?

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

普及版 世界文学全集 第Ⅱ集


世界文学全集 第2期 普及版 (集英社文庫)世界文学全集 第2期 普及版 (集英社文庫)



商品詳細を見る

普及版 世界文学全集 第Ⅱ期
清水義範【著】
集英社(集英社文庫)刊
1995(平成7)年9月発行


「モルグ街の殺人」...某文庫から出てゐた翻訳を思ひだします。その翻訳はまことに大時代的な言辞を弄し、原文に忠実すぎて何を言つてゐるのか分かりにくく、高名な翻訳家から「欠陥翻訳」であると槍玉に挙がつてゐました。
清水氏の「モルグ街の殺人」は、そのまどろこしさまで感じられる作品になつてゐます。偶然かも知れませんが。

「三銃士」の樽谷安(たるたにあん)の物語も面白い。樽谷安の父は、作家を目指す息子に向つて訓示を与へます。

 「当節、作家は実入りのよい職業となり、その昔の貧乏文士はもはや伝説の存在、有名人よとおだてられ、望みとあればテレビに出まくり、小説に行きづまればエッセイと講演で何不自由なく暮してゆけるご身分なのだよ...」

現在の作家と呼ばれる人たちを風刺してゐますが、思はずさうさうと頷き、具体的に二人三人顔も浮かんできます。小説家は小説を書くものといふ清水氏ならではの記述と申せませう。

「二十世紀の文学」といふ大いに壮大なタイトルの作品があります。カフカやサルトル、カミュや魯迅などからジョイスにいたるまで、文字通り二十世紀の世界文学大会であります。十分面白いけれども、やはり原典を知つてゐれば尚楽しめるでありませう。

ほかに「ファウスト」「嵐が丘」「白鯨」「ボヴァリー夫人」「罪と罰」を収む。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

普及版 世界文学全集 第Ⅰ期


世界文学全集 第1期 普及版 (集英社文庫)世界文学全集 第1期 普及版 (集英社文庫)



商品詳細を見る

及版 世界文学全集 第Ⅰ期
清水義範【著】
集英社(集英社文庫)刊
1995(平成7)年8月発行


文学全集といふものが売れなくなつて久しいのであります。以前は応接間のインテアリアとしての用途もあつたやうですが、今ではそれも見かけませんな。
そもそも文学全集は新しいものが出てゐるのでせうか。「次回第○回配本は△△△です。ご期待ください」みたいな文句に胸躍らせた文学少年時代もあつたのですが...

さて清水義範氏は、世界文学全集をもパスティーシュしてしまひました。原典に申し訳程度の敬意を表しつつ茶化す作品群であります。
原典を知らなければ理解できないのではないか、といふ危惧に配慮して、原作を知らない読者でも楽しめるやうに配慮したと作者は語つてゐます。
無論原典を読んだことがあるならば、より愉快に楽しめるのであります。

たとへば私の場合、「シェイクスピア傑作選」は笑へました。
英文科の女子大生が書いた卒業論文の形をとつてゐます。題は「シェイクスピアって馬鹿?」。
石塚真由美と名乗るこの学生は、沙翁作品の設定や筋書き、人物造形のをかしな箇所を指摘して得意になつてゐます。確かに突つ込みどころ満載なんですけどね、沙翁つてのは。
いかにも自分の慧眼でもつて、それらの問題点(?)を指摘してゐるやうな気になつてゐる真由美さん。しかし次第に、語る彼女自身がどんどんボロを出してゐることに気付かないのが笑へます。

続けて、第Ⅱ期も読んでゐます。これは次回。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
FC2カウンター
FC2アフィリエイト
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
ブクログ                                                      にほんブログ村 本ブログへ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。